「ハロウィン少女」「綾波レイ」「幼クラリス」「雪子姫」

寒い、あまりにも寒すぎます。シベリアでは永久凍土の融解が急速に進んでいるとのニュースも聞きますが、冬の最中ではにわかに実感が湧きませんな。
そんな昨日早くに帰宅したこともありページを更新しようと思っていたのですが、あまりに眠くて写真を用意したところでダウンしました。まあ、元々寝不足ではありますがそれほどハードワークじゃなかったのになぁ。
寒すぎると代謝を上げるために体力を消耗するのかもと思いましたよ。
そんな寒さと乾燥の中、AV機器には良くないなぁと思いつつも体の方が大事なので加湿器全開ですわ(^^;。

さてさて今回はJAF-CON7から詳細不明な写真を何点かまとめてお送りします。

こちらは(仮称)「ハロウィン少女」とでもしておきましょうか。
コウモリの羽がちょっと人外的で不思議な魅力ですね。その羽とスレンダーな肢体とポーズとのバランス感覚が絶妙です。

Jaf7halloween1

説明不要でしょうが「綾波レイ」のプラグスーツ姿です。
スケール的に結構大きいサイズかも。アニメキャラがモチーフなのに静物画的な佇まいを感じます。美しいです。

Jaf7reiayanami1

震える手で「お水」を飲ませているシーンですね。
ルパン三世カリオストロの城』より「幼クラリス」くたばり損ないの青年?ルパンと忠犬カール付で名シーンを見事に再現してあります。

Jaf7kuralisu1

だっちゅーの(古っ)や雛形あきこ(古い)を連想させるポーズですな(^^;
ドロロンえん魔くん』より「雪子姫」です。中々に根強い人気を誇るキャラですね。
この雪ちゃんはアニメとも原作版ともあまり似ていないかな。でも可愛いから許す(笑
そういえば最近『鬼公子炎魔』としてOVAにてリメイクされましたが雪子姫はあんまりな扱いでした(笑)。内容は端的に言うと正調ゴシックホラーでしたよ。何故に(^^;

Jaf7yukikohime1

Jaf7reiayanami2 Jaf7halloween2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

「江藤蘭世」「島原 夕姫・魅波・海潮」「ルキ・イノ-マ」

気が付くと新年を迎えて成人式の日も過ぎて今年も残すところ11ヶ月半という感じでしょうか(^^;。年々月日が経つのを速く感じるようになっているような気がします。
年末に机の上を片づけたのでこれは超久々にガレージキットでも作るかと思いました。しかしまた散らかってきました。ダメじゃん(^^;。

さてさて新年ですけれど当ページらしく?過去を振り返り今回はJAF-CON7よりお送りします。

後期は知らないのですが、この頃のJAF-CONは模型コンテストがありまして、結構盛況だったような記憶があります。その中からピックアップです。

こちらは『ときめきトゥナイト』より「江藤蘭世」です。
「女の子は恋をしたときから、超一流のマジシャンに早変わり~♪」というエンディングテーマに乗って見えそうで見えない妖艶な動きを披露していましたっけ。懐かしいと思う人は昭和40年代生まれとかの人だと思います(笑)
そんなメモリアルな場面をフルクラッチして版権が下りないために模型コンテストに出品した物らしいです。
撮る角度ちと失敗か、、、見えすぎる(^^;。

Jaf7etoranze

南海奇皇(ネオランガ)』より左から夕姫(ゆうひ)・魅波(みなみ)・海潮(うしお) の島原3姉妹ですね。エンディングテーマのイメージをアレンジしてスクラッチされた作品だと思います。少々粗いところも感じますけれど、なんと言いますか情熱を感じますねぇ。

Jaf7etou3shimai

こちらはコンテスト作品ではありませんが『いなばや』さんの「ルキ・イノ-マ」です。
既出ですがこっちの方が良く撮れているような気がしたので(^^;
当時何回か再販され、ずっと欲しかったのですが、とうとう買えず終いでしたねぇ。

Jaf7inabaya_ruki1

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0)

『ほんだら商会』さん「ヤクモ」「ククリ」「マルチ」「木之本さくら&三原千春」「マロン」

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』見てきましたよ。
特に今回は前作までを見ていないと楽しめない話でしたね。比較的単純だった初期3作辺りと比べると登場人物も増え、ストーリーの厚みも大河ドラマ化しているなぁと思います。
特に一般・ファミリー向けのハリウッド映画では単純明快でハッピーエンドを求められますから、それを考えると映画のハリーポッターは少々異色の存在かもしれませんね。早くも次回が楽しみな作品でした。

ところで最近は古いネガフィルムを起こして掲載しています。
ディーラー名やガレージキット作品に詳しくないと言いつつも3年以上もこんなページをやっていますと以前は詳細が分からなかった作品も後日芋蔓式に分かることもあります。
その手がかりは展示台に使用した布の色だったり、(何年も変わらない場合が多い)後ろに並んだ再販作品からディーラー名を推測したりとか(^^;。
ただ古い作品は情報が少なく、調べられないので間違う可能性も多々ありそうな悪寒ですな。その時は力をお貸し下さい(汗

さてさて今回は98年夏に開催されたJAF-CON7より『ほんだら商会』さんです。スケール的には1/8程度かなと思います。掲載した写真の他にもロケット団の面々が展示されていたようです。

こちらは清水文化氏著のライトノベル『気象精霊記 正しい台風の起こし方』より
「ミリィ・オレアノ・ヤクモ」です。キャラデザインは七瀬葵氏
例によってディフォルメされた「ユナ・デモリアル・ハウンド」が付属していたようです。

Jaf7hondara_tadashitaifunookoshikata1

魔法陣グルグル』より「ククリ」とニケのセット。普段の地味な平服ですが、ピンクのリボンと純白のエプロンがアクセントでちょっとゴスロリっぽいかも?。
それにしてもこれは幼女にしか見えない。萌え(笑

Jaf7hondara_kukurinike

Leaf』のPCゲーム『To Heart』より「HMX-12“マルチ”」です。
長めの袖や華奢な体が幼さを強調して可愛いですね。デフォルメマルチのブリブリポーズが何となく微笑ましいです(笑

Jaf7hondara_multi1

おなじみ『カードキャブターさくら』より「木之本桜&三原千春」です。
セット売りだったらしく、その替わりに名物デフォルメフィギュアは無かったようです。
さくらちゃんのコスチュームはアニメに25話で登場しています。しかし細部が違うし発表時期から考えると原作コミック準拠ですね。

Jaf7hondara_usakura1

Jaf7hondara_miharachiharu1

Jaf7hondara_usakura2  Jaf7hondara_miharachiharu2

NHKオリジナルアニメ『YAT安心!宇宙旅行』より「マロン」です。
ほんだら商会さんお得意のぷに萌えキャラですが、加えてケモノ娘であり手塚キャラ的な魅力ですね。、、、半裸なのか(^^;。

Jaf7hondara_maron1

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『WORKS札幌』さん「セーラーサターン」

ETX-80ATという天体望遠鏡を買ったのは先日ちょっと書きましたが、購入の際に通販ショップを巡ってみると何故かほとんど定価売りかそれに近い価格のショップばかりでした。その中で定価より1万円安いショップを見つけて購入できたので得したなぁと思っていたのですが、後日アストロアーツのWebショップを見ると・・・・・狙いすましたようにETX-80ATだけメーカーのキャンペーンで2万円も安くなっているorz
2~3日の差で大損してしまった。前に見たときは定価だったのに(涙)これが一ヶ月もズレたら諦めもつくんですがねぇ・・・・・・。
、、、6、7万円程度の商品で1万円も違ったらかなり痛いぞという愚痴をお届けしました(^^;。

さて、もう少しだけセーラームーン関連続けます。
今回は『WORKS札幌』さんです。1/8スケール「セーラーサターン」
当時かなりの人気を呼んだキットでした。派手な得物に、可憐なキャラのイメージ。見えそうで見えないような、そうでないようなスカートが素敵です。フィギュアにはチラリズムが必要である事を体現した作品でしょう(^^;。
この後に改修版が頒布されているようです。

Workssapporo_saturn1

Workssapporo_saturn2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2)

『kip』さん「セーラープルート」

前にも書いていると思いますけれど昔の写真は銀塩と言いますか、ネガフィルムで撮っています。改めて環境を書いてみます。
カメラはPENTAXのZ1-P又はZ5-Pこの(P)って記号はPROのPなら格好良かったのですが、PANORAMAのピーなのですよ。一昔前にパノラマ写真がちょっと流行ったのを覚えている人っているかなぁ?これは普通のコマを上下にカットして拡大してプリントすると言う実質的に全く意味の無い代物でした。
中級機以上のカメラのくせに意味の無いパノラマ機能が付いてくるのに腹を立ててパノラマ切り替えスイッチを瞬着で固めてしまったのも良い思い出です(ぇー
そんなカメラに主にフジフィルムのISO400のネガフィルムを装填してタムロンのF2.5/90mmマクロレンズに純正リングストロボを取り付け撮影していました。明るいレンズでピント合わせが楽で描写力も抜群、画角も自分には丁度良くて撮り易かったです。

そして保存してあったネガからニコン社COOLSCAN V EDというフィルムスキャナーで読み込み中です。
解像度はある程度プリントにも耐えるであろうと思われる1500dpiで読み取っています。でもプリント全くやってませんね(^^;。
このスキャナーは4000dpiの解像度まで対応していますが、スピードの遅さとHDDの圧迫具合が半端じゃないのでそこまでやってません。ブログにアップしている画像はキリの良い幅にリサイズしています。ということでひとつ・・・・・。

さてさて今回は『kip』さんです。1/6スケールの「セーラープルート」です。原型は「湊川あまは」さん。
本来アニメ等の印象ではプロポーションはスラリとした印象のプルートですが、ご覧の通りのグラマラスボディ。同氏の近作も同様の傾向ですから原型師の個性を前に出した造形ということでしょうか。何にしても魅力的な作品でした。

Kip_pluto1

Kip_pluto2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『うさこの部屋』さん「セーラームーン裸の天使Ver」「月野うさぎ水着Ver」「ちびうさぎ」「美也咲Ver98」「麻宮アテナVer97」

長いのでサクっと行ってみます。引き続きJAF-CON7からです。

今回は『うさこの部屋』さんです。写真を見て懐かしいなぁと思いましたよ。沢山の月野うさぎを造形され、頒布していた記憶があります。詳しくないので良く知らないのですが、近頃見かけないディーラーさんだと思います。どうされているのでしょうかねぇ。
ガンダムやセーラームーンの当日版権はJAF-CONでのみで降りた時期がありました。そんな頃の一コマです。

こちらは『美少女戦士セーラームーン』シリーズより「セーラームーン裸の天使Ver」です。スケールは1/8
羽の材料はキットに付属していました。アニメの最終形態をモチーフにされたようです。

Usakonoheya_hadaka1

Usakonoheya_hadaka2  Usakonoheya_hadaka3

全身の入ったショットが見つかったので追加、これはズームレンズで撮ったものです。
オートフォーカスで適当に撮ったから若干ピンぼけだ(^^;。

Usakonoheya_hadaka4

同じく「月野うさぎ 水着Ver」です。スケールは1/8
お腹が冷えそうなデザインで股の切れ込み具合がスゴス(笑)

Usakonoheya_mizigi1

Usakonoheya_mizigi2

同じく「ちびうさぎVer」スケールは1/8
SuperSの劇場版オープニングに登場したらしいです。珍しいモチーフのキットですね。

Usakonoheya_miniusa

こちらは「美也咲Ver98」スケールは1/6
これはオリジナルでしょうか?。グラビアでは定番の手ブラポーズ。フィギュアではちょっと珍しいかもしんないですね。コケティッシュな魅力です。

Usakonoheya_miyasaki

格闘ゲーム『ザ・キング・オブ・ファイターズ』よりサイコソルジャー「麻宮アテナVer97」です。スケールは1/8です。
宙ぶらりんの浮遊感がサイコソルジャーっぽいですね(笑)

Usakonoheya_atenaver97_1

Usakonoheya_atenaver97_2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『すたじおガッシュ』さん「ククリ」「初野 華」「シルバー王女」

ちょっと前から欲しかった天体望遠鏡を買ってしまいました。当然分割で(^^;。
MEADEのETX-80ATという機種で比較的コンパクトな口径80mmの屈折タイプ。自動導入機能付きで購入価格6万弱。さすが中国製、安!
メーカー自体は一応アメリカなんですよ~。最近は何でも中国製だね(汗
物が安いのは嬉しいけれどモノ作り日本に住んでいる者としては危機感もあるよなぁ・・・。

えっと、本当はもっとオモチャみたいな望遠鏡で我慢しようと思っていたのですが、結局はそこそこ使い物になるだろう物を買ってしまいました。本当は一眼レフで撮影が出来るもっと本格的な機種を欲しかったのですが(金も無い初心者のくせに無茶言うな)それは栃木の実家に戻ってからにします。
しかし買ったは良いが本当に使えるのだろうか。ベランダでこんなものを使ってたら絶対に通報されそうな気がする(^^;。大阪近郊で邪魔されずに天体観測出来るポイントを御存知の方、こっそり教えてください(笑)

さてさて今回も引き続きJAF-CON7から『すたじおガッシュ』さんです。
例によって詳細は不明なので簡単に列挙してみます。

魔法陣グルグル』より「ククリ」です。
・・・・可愛いなぁというシンプルなコメントしか出ません(笑)

Studiog_kukuri

勇者王ガオガイガー』より「初野 華」2連発です。スケールは1/6のようです。
2枚目のウェディング姿は最終回に登場したものですね。・・・・ガガガはLDを買って結構夢中で見ていたアニメでしたが、振り返えればもう十年経っちゃったのね(^^;。

Studiog_hana1

Studiog_hana2

夢のクレヨン王国』より「シルバー王女セット」です。たぶんノンスケールです。

Studiog_silver1

シルバーだけアップ(笑)

Studiog_silver2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『KEY THE METAL IDOL』より「巳真兎季子」

金が無さ過ぎでワンフェスへ行けなかった私が来ましたよ?
最近は久々にゲームにハマっていました。イースオリジンをプレイし尽くして勢いで旧作もプレイする不毛ぶり(^^;。
んでバナーを掲げているトリガーハートエグゼリカも買いましたよ。まだ未プレイですが、ドリキャス本体は実家に置きっぱなしなので本体も買いました。これで都合3台目(ぉ
そんな近況ですが21日に開催されるWHF名古屋7を控えてテンションを上げて行きます。
でも最近ちょくちょく行っている明石天文科学館メガスターがやって来るのでそっちの方が気になってソワソワしっ放しです(笑)
そんな事はさておき来月はWHF神戸もあるし関西のガレキシーズンはこれからなのです。
あ、そう言えば関西出向が9月まで延長されたのでした(^^;。

さてさて今回は98年のJAF-CON7よりお送りします。
オリジナルビデオアニメーション『KEY THE METAL IDOL』より「巳真兎季子」(みま ときこ)です。スケールは分かりませんが1/8以上はありそうです。
残念ながらディーラー名は不明。情報募集中です。
このキットは版権イラストをモチーフにしたものでして、同じモチーフではマックスファクトリーより、あの智恵理さんが造形されたものが印象に残っています。
ただあちらの方はレリーフ状の造形でキャラクターの見せ方を半身像にしていた為、比較的作りやすく洗練された仕上がりでした。しかし別の見方をすればモチーフに対して省略されていたとも言えます。
それに対しこちらはイラストのイメージのまま造形した力作です。メカ部分の仕上げも結構丁寧で完成させるとまさに1点ものという感じですね。たぶんアマチュアの方だと思うのですが、アマチュアの拘りを感じます。

Key1

Key2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (1)

『T's system』「ねこみみ戦闘服」「友枝小夏制服」

23日のWHF有明が迫ってきましたね。今回は懐具合と相談して年末に帰省するか、23日のイベントに参加するかという取捨選択をせざるを得なかったのですが、結論は帰省しますです。
イベントで目の保養と小散財もしたかったのですがね~。今回は余所様のイベントレポを見て我慢しようかと思いま~す。

さてさて今回の記事はグッとさかのぼって98年のJAF-CON7から。『T's system』さんです。
カードキャプターさくら』の原作版より1/4スケール「木之本桜」ですね。
この頃にちらほら増えてきた完成品に対抗してか、分りやすい差別化として一部のガレージキットは大型化する傾向にあったように思います。現在のT's systemさんではこのスケールの作品がほとんど作られていない事を考えるとそんな世情の傾向が垣間見える一品かもしれません。
1/4スケールはカードキャプターさくらものでは最大級の大きさですね。同時期にはペーパームンから等身大フィギュアなんてのも出てましたが(^^;。

こちらは「ねこみみ戦闘服Ver」です。

Ts_nekomimi1

「友枝小学校夏制服Ver」です。

Ts_nekomimi2

Ts_sakuranatsu1

Ts_sakuranatsu2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『ムサシヤ』さん「木之本桜 友枝小制服」

うう、頭痛が痛いです。熱もあるし・・・。納涼会の帰りに同僚を車で送っていった際に風邪が移ったか。何だか隣で咳き込んでいたのでヤヴァイと思ったのだが後の祭り。とにかく早く寝よう(って言うか早く寝ろよ)

今回は管理人の趣味でこのサイト内でも度々登場するカードキャプターさくらネタです。発売元は『ムサシヤ』さん。原型はWooDさんです。見ての通り友枝小制服Ver。WooDさんはどちらかというとクセのある感じの造形ですがTHE 職人と言いますか何でも造形されますね。このキットも氏の他作品同様に全体のフォルムが綺麗だし、杖を持つ指先の繊細さなどなかなかですよね~。例によって高解像度版の画像あります。見たい方は画像をクリックして下さいませ。

WooD_sakura2

WooD_sakura1

JAF-CON7の撮影機材は長期間定番だった90mmマクロレンズの他に28mm~200mm。いわゆるトラベルズームまで持ち出しました。ちなみに全身が入った下の写真がそのズームレンズで撮った写真です。結果的に安いズームは暗くて光の少ない会場内ではマニュアルでピントも合わせづらく、(またマニュアルで合わせるような構造には出来ていない(^^;)サービスサイズのプリントでも(単眼マクロレンズと)差が分ってしまうくらいに描写力に差があったので使ったのは結局この時だけです。フレーミングに自由度があるズームは確かに便利なのですが、どちらかを選ぶとしたら私の場合は単眼で行こうという感じです。でもまあ、何と言っても一眼レフ2台持ちは邪魔で疲れるという事を身をもって体験したのでした(^^;。

最近はタムロンのSP AF28-75mmF/2.8 XR Diという標準ズームも使っていますが最近のレンズは安くても高スペックで優秀ですね。でも次回のワンフェスではPENTAXの50mmマクロを新投入します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)