« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

『Pilot』さん「アスカ・ミニスリップVer」「綾波レイ(ビスチェVer)」

ちょっと前に当ページのデータ量が1GBを超えました。昔買った1GBのHDDが10万円だったことを考えると隔世の感が、、、。比較がおかしいけれど(^^;。
サイトがスタートした当初は100MBの許容量でした。その頃は残容量を気にして写真のサイズを小さくしていましたが、その後プログのブームが後押しとなって急激に大容量化が進み、今の契約では5GBまで使えるのでもう容量は気にせずに写真張りまくりですね。
もっとピクセルサイズを大きくしたい気もしますがそこまでの需要は無いでしょうかね。
まあ、今のところ使っているカメラが古いのでもっと性能が良い機種に変えたら考えてみる事にします。

さてさて 今回は『Pilot』さんです。
もう名物ともいえる「惣流・アスカ・ラングレー」です。
今回は1/6スケールの「アスカ・ミニスリップVer」グラビアの1ページのような清楚な魅力をふりまいていますねぇ。
でもご想像の通り?スカートの部分は外れるようです。

Pilot_miniasuka1

Pilot_miniasuka2  Pilot_miniasuka3

新世紀エヴァンゲリオン綾波育成計画より1/6スケール「綾波レイ(ビスチェVer)」です。
アスカが年相応な表の顔とすればこっちは裏という感じですかね(^^;。
ん~。撮影アングルがイマイチでした。

Pilot_reibustie1

Pilot_reibustie2  Pilot_reibustie3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『NIGHT-BLUE』さん 天使型「SO・RAN」

今日は出勤前に『鬼公子炎魔』の最終巻を見ました。
最初は70年代に作られたアニメ版をリメイクしたものかと思い見始めたこの作品ですが、後半からゴシックホラー調になってしまって目を白黒しながら見てました(笑)
旧作のアニメは当時の社会問題であった公害問題の歪を"妖怪"という形にして物語に絡める事で子供心にも記憶に残る名作でした。あと雪子姫のお色気(笑
対して新作は別物として見ればあれはあれで面白かったのですが・・・・・。一度見たらお腹一杯ですな(^^;。ゴシックホラー調の映画等は嫌いじゃありませんけれど繰り返して見たことが無いです。
最期これだけは言いたい、雪鬼姫がミニスカ和服でなかったのが残念(結局それかよ

さてさて今回は『NIGHT-BLUE』さんです。
赤石沢貴士氏の同人オリジナル作品の『天使装甲ゼロクロス』よりで天使型の「SO・RAN」ちゃんだそうです。1/6スケールのキットです。
ビキニアーマーなんて80年代ティストかなと思いつつも、この極小サイズでは既に装甲ではないような(^^;。
ダイナミックボディと明朗な作風はいかにもNIGHT-BLUEさんらしい作品かなと思いましたですよ。

Nightblue_soran2

Nightblue_soran3

Nightblue_soran5

Nightblue_soran1  Nightblue_soran4

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『キューズQ』さん「雛苺」「真紅 くんくん探偵コス版」「金糸雀」

昨年末に帰省して以来、アニメは何となく見ていなかったのですが、この休み中にある程度まとめて見ました。
中でもブラックラグーンの第二期とかクオリティが凄いですね。中でも暴力的な描写が多いイメージのあるハリウッド映画でも最近はここまで凄惨なバイオレンス描写は無いような気がします。このアニメはある意味真の18禁作品かも。
こういうクオリティが高い作品こそDVDでも買って応援しないといけないと思いつつもレンタルで済ましてしまった・・・。ちゅうかテレビ全然見てないし(^^;。
ちなみに買っているのは地獄少女二籠だけです。アニメDVDは大幅にリストラ中です。

さてさて今回は『キューズQ』さんです。最近では写真にもある一連の『ローゼンメイデン』シリーズの~ピンキーストリートVer~のキットが印象的です。

こちらは「雛苺」です。座りポーズならピンキーストリート互換じゃなくなりそうですが、これはこれで雛苺らしいポーズなので魅力的なデフォルメキットだと思いました。
シリーズの中では初めて欲しいなぁとか思ったのですが、ただちょ~っとお値頃感が薄いかなとか(^^;。

Qs_hinaichigo1

Qs_hinaichigo2

こちらは「真紅 くんくん探偵コス版」です。

Qs_kunkun1

こちらは「金糸雀」です。
顔がペコちゃんっぽいので不二家のパラソルチョコレートを連想したりして・・・・古、(^^;。

Qs_kanaria1

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2)

『夢のカグツチノ公国』さん「菜々」「アリス・リンデルフォン」

不本意ながらウィルス対策ソフトを買ってきた今日この頃です。
例によってお金が無いのでウィルスパスター2007を試用していましたが期限が切れて早10日、来月まで待とうかとも思いましたが、もらった金券が残っていたのを思い出して何とか購入できました(^^;。
お店の棚に並んだウィルスソフトを見ると最近は複数のPCでレジストできるのが流行みたいですね。某ソフトは価格が安い上に10年間更新料なんてのもありますが、以前のバージョンが酷い出来で評判がメチャ悪かったので今更怖くて使う気にならないのでアウトオブ眼中です。
来月は現像ソフトのSILKYPIX3.0を買うようですかね~。このソフトはフリー版もあるようですが、必要な機能を勘案すると微妙かな・・・。

さてさて今回は『夢のカグツチノ公国』さんです。

PS2のゲーム『キミキス』より「菜々」です。ノンスケールキットですが、見た目に1/10程度かもっと小さいかも?という感じでした。頒布価格は1,000円とお土産に丁度良さそうでしたがキミキス知らないので買いませんでした(ぉ
これだけの小ささの中にも繊細な表情を感じさせる表現力が素敵です。またこの精度を複製で再現出来るのはレジンキャストキットならではなのかも。
この半身像、両腕がないのでミロのビーナスみたいだなと思い黄金比を連想、何となく計ってみましたよ(ヒマだなぁおぃ(^^;)
当然画面上で大ざっぱに計っただけですが、頭頂部から顎の先と顎の先から胴体一番下まで寸法比が黄金比に近いですね。
もう一つは顔の幅と頭頂部から顎の先の寸法が黄金比に近いまさに芸術的な作品ですと、強引な結論に達しました(笑)

Kagutuchino_nana2

Kagutuchino_nana3

Kagutuchino_nana4  Kagutuchino_nana1

F&C』のPCゲーム『天空のシンフォニア2』より「アリス・リンデルフォン」です。
スケールは1/10だそうです。
何だか同じような写真になってしまいました。めくれ上がったスカートに動きを感じますね(ぉ

Kagutuchino_alice1

Kagutuchino_alice4

Kagutuchino_alice2  Kagutuchino_alice3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『チェリーブロッサム』さん「水銀燈」「蒼星石」

売ってないです。月刊モデルグラフィックス
出先で2件回っても無し、帰りに駅の本屋で買おうと思っても無し、ここは以前は入ってたのになぁ・・・。売り切れならまだ良いが、別の近場の本屋も去年の春頃から入荷しなくなっちゃたんだよな。仕方がないので自転車でちょっと大きめの書店へ、やっとあった。確実に入手できる書店が減ってますな。大丈夫なのか、モデグラ>駄目だろ(ぉ
冬のワンフェスには参加しなかったのですっかり忘れてましたが、今月のモデグラ誌はワンフェス特集があるのをとあるひのコタツガさんの記事を見て思い出したので買いに走った次第です。
うわ、本当に誌面で「WFリセット宣言」されてる(^^;。あれだけ力強いと言うか強引な記事を書いていて今更特集のあり方を読者に問うのもどうかと思いますが、本文で触れているように部数の売り上げ増に貢献できないのも本当なのでしょうね。
とりあえず今後のワンフェス特集は巻頭特集云々よりも、もっとまともな写真を撮って、素人は真似の出来ない圧倒的なテキストを期待しますよ。
モデグラのWF特集はバイアスがかかりすぎて嫌う人も多そうですが、それを理解した上で見れば結構面白いと思うのですがねぇ。
・・・・・ということは直接伝えないと意味がないのだろうな(^^;。
長くなるので次回以降に続くかもしれません。
蛇足ですがとあるひのコタツガさんにはWHF名古屋7レポと昨日の「ふたば!モデリング」紹介記事を捕捉していただきました。いつも有り難うございます。

さてさて今回は『チェリーブロッサム』さんです。

ローゼンメイデン』よりノンスケール「水銀燈」です。
ワンフェスでは見逃してしまったので初めて見ました。
花園に舞い降りた黒天使?何やら背中の羽も萎れ気味だし(^^;。
自らを抱きしめるようなポーズは伏目がちな表情と相まって儚く消えてしまいそうな印象を残します。

Cherryblossom_suigin1

Cherryblossom_suigin2

Cherryblossom_suigin3  Cherryblossom_suigin4

Cherryblossom_suigin5  Cherryblossom_suigin6

同じく「蒼星石」です。
後で見たら写真はこれ一枚しか撮っていませんでした。水銀燈に対して関心の差が如実に出ているぞ(^^;;
作品の方は気品のある面持ちで中性的な雰囲気もよく出でているし、とても良い雰囲気なのですがね~。

Cherryblossom_aoiko

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2)

『STick』さん「ミルファ」「柚原このみ」「向坂環 水着」

ナナちゃんのフィギュア工作ガイドって出てる?と思いMr Hobbyのwebを調べたら「ふふたば!モデリング」という連載コミックを見つけました。
これは初心者向けの塗装解説マンガだと思いますが、まともな人は模型部顧問の先生だけで他のキャラクター達が無駄に勘違いして暴走している解説マンガは珍しいかもしれませんね。楽しいです(笑)
えっと、ナナちゃんのフィギュア工作ガイドはまだ発売されていないということでOK?
予定では2007年4月下旬となっていますが今度こそ本当に出るのだろうか(^^;。

さてさて今回は『STick』さんです。
当日ブースの前が少々混雑していた為、後でバリエーションを撮ろうと思っていたらすっかり忘れてしまいました。そんなことで思ったより枚数少な目です(^^;。

最初は『To Heart 2 XRATED』より1/6スケール「ミルファ」です。
実はこのゲーム持っているのに最初の3時間程度で挫折中の為にどんなキャラかよく知らないのです(汗
正式にはHMX-17b ミルファらしいのでメイドロボということですか。ウィキペディアによると試験用の仮ボディとして、クマのペットロボットとして登場しているとのことで後に公開されたイラストを元に造形されているということでしょうかね。
チラリズムに加えたぷにぷに感が良いですね。あ、パンツは外れるそうですよ(^。^;

Stick_milfa1

Stick_milfa2

同じく1/6スケール「柚原このみ」です。
タブダブの男物のワイシャツを羽織った姿は夢か幻か男の浪漫か・・・・。
ワイシャツに厚みを感じてしまいますがキャストオフ可能だそうです。
と言ってももう最初からはだけていますがね(^。^;

Stick_konimi1

Stick_konimi2  Stick_konimi3

前もありましたがまた何となく撮ってみた1/6スケール「向坂環 水着」です。

Stick_mizugitama1

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『硫黄泉』さん「桜小桃」「ぷらぐ・クライオスタット(制服Ver.)」

メガスターイベントも終了間近な明石天文科学館へ行こうと思い上着を羽織ったら妙な臭いが?、、、そう言えば昨日は送別会でタバコを吸ったんだっけ。喫煙は止めてないのですが、このご時勢ですから吸える場所はかなり限定されてしまうので面倒だし普段は一切吸ってません。またそんな状況に慣れたので吸いたいとも思わなかったりします。
ただ飲み会などあるとつい吸ってしまいますね。そして普段吸わないとハッキリと分かる上着に染み付いてしまったこの臭い、こりゃきついですね(^^;。ドームと云う名の密室に行くのですから速攻別の上着に替えました。
ちなみに自分の部屋ではもう十数年前から禁煙にしています。プロジェクターのスクリーンを替える際にヤニで黄色く汚れた表面を見てガッカリしたので(笑)
きっとプロジェクターの中もヤニで汚れていたんだろうなぁ・・・。
そんな話はさておき、健康のためには禁煙ですかね。でも健康第一な健全人間でもないしな(^^;。
あ~ちなみに私の他に2人いた同僚は送別されましたが、私だけ送別されずに大阪に残留です。良かったんだが悪かったんだか。とりあえず関西&都会生活をもう少し楽しむことにします。

さてさて今回は『硫黄泉』さんです。
アトリエかぐや』のPCゲーム「SCHOOL ぷろじぇくと」より1/7スケール「桜小桃」
メチャ可愛い雰囲気でARIAのウンディーネ的な制服ですが、これでも18禁ゲームのヒロインらしいです。
原作を知らない作品はあまり買わないのですが、これについては珍しく買おうかと思っていました。しかし今回は頒布無しだったような・・・・。
今回の名古屋WHFでは全般的に版権許諾関係がスムースに行われなかったようでそのアオリを受けてしまったのでしょうか。次回に期待したいと思います。

Iousen_komomo1

Iousen_komomo3

Iousen_komomo2  Iousen_komomo4

『ファイト一発!充電ちゃん!!』より「ぷらぐ・クライオスタット(制服Ver.)」
スケールは1/6です。
B地区が半分ハミ出たコスチュームなのでPCゲームが原作かと思いましたがぢたま(某)氏がコミックガムに連載中の作品だそうです。

Iousen_plug1

Iousen_plug2  Iousen_plug3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『かぐや姫』さん「長谷部 彩」

何となく現像ソフトの話。
一昨日のメイドセイバーさんからRAW現像ソフトにSILKYPIX3.0を使用しています。
去年からRAW現像にはPhotoshop Elements 4.0を使っていました。まあ、操作系に慣れている事もあり、これはこれで気に入っていました。
しかし現像される画質が粉っぽいというか、なかなか気に入った色味にならないんですねこれが。
なのでイマイチかなと思っていたところにSILKYPIXの現像エンジンを採用したK10Dカメラに付属の現像ソフトを使ってみて、これが良い感じに現像できるので試しに本家SILKYPIXの体験版を利用してみた次第です。
ん~やはり結構良い感じですね。まあ、自己満足のレベルですがね~(笑)
ちなみにカメラ付属のソフトは現像エンジンは良くてもPENTAX謹製のインターフェースが昔のまま悪くてとてもじゃありませんが使う気になりませんです(^^;。
SILKYPIXの試用期限が切れる頃に製品版を買おうと思うのですが、これ2万もするんですよね。何を削減して予算を浮かそうかな(汗
てな事である程度使い方が分かってきたのでメイドセイバーさんをやや美肌に現像し直してみました。上手くいっているのか分かりませんが(笑)

さてさて今回は『かぐや姫』さんです。
こみっくパーティー』より「長谷部彩」ですね。スケールは1/7だったかな。
キャラクターのイメージとしてやや儚げなイメージがありましたが、こちらはちょっとだけ朗らかなイメージかな。口元の表情だけでも結構変わりますねぇ。真っ直ぐに微笑みかける表情が印象的なのでした。

Kaguyahime_hasebe1

Kaguyahime_hasebe2

Kaguyahime_hasebe3  Kaguyahime_hasebe4

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『83℃』さん「ヴィータ」「リィンフォースII」

何となくカメラ話です。
カメラは昨年末にK10Dを買い足しているのですが、今回の撮影機材は以前と同じ*istDsです。
理由としてはボディが小さいほうが取り回しが楽だとか、RAW現像は画素が少ない方が楽とか色々あるのですが、旧式のストロボが新しいボディに対応していない事が大きいですね。代替品も無いしどうしようと言う感じですが、ガレキをストロボでバシバシ撮っている位ならとりあえず旧型でも十分かな、、、。
でも今回久々に旧型機を引っ張り出して使ったらレスポンスの悪さと操作感、ボディの質感の違い等にビックリです。
慣れって恐ろしいな(^^;。こうして古いデジタル機器は使われなくなってしまうのでしようかね。
2年しか使ってないのに・・・・・踊らされてますね(笑)、、、う~ん、今後はどうしよう。

さてさて今回は『83℃』さんです。
魔法少女リリカルなのはA's』より闇の書の主を守護するヴォルケンリッターの一人にして八神家の居候鉄槌の騎士「ヴィータ」です。スケールは1/8程度だったような。
彼女らしい派手なポーズですが撮影アングルには苦労しました(笑)

83_vita1

83_vita2

83_vita3

83_vita4

同じく「リインフォースⅡ」です。ノンスケールかな。意外と等身大ぐらいだったりして。
アニメではエピローグで一瞬しか出なかったこの人型デバイスが一目で好きになってしまい、ガレージキットが出たら欲しかったのですが・・・開場後に来るようでは土台無理な話であった(笑)

83_rin1

83_rin2

83_rin3  83_rin4

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『ミリメートルモデリング』さん「セイバー(メイドVer.) 」

WHF名古屋7に行って来ました。今回は9時頃には名古屋入りしていたので気合い入ってました!
そして名古屋市科学館へ向かい、特別開催されている恐竜展で日本初のコリトサウルスの全身骨格など見たり、プラネタリウムを見ました。なんて充実した一日(^^;;。
その後WHFの会場に着いたのは1時半頃ですから開場直後の混乱を知るよしもなく、って言うかカタログ品切れですか。
どんな了見かか分かりませんが、特に入場者が多いとも思えなかったし、カタログが無いのであれば入場無料にして欲しいですねぇ。もっともそんな事したら事務局は大赤字かもしれませんがね(^^;。
結局科学館からの頭の切り替え出来ないというか、あんまり欲しいものが見あたらないと言うこともあり、購入物はVIXENさんのメイドミニだけでした。ガシャポンのカプセル入りパッケージで可愛いのでありますよ。

さて最初は『ミリメートルモデリング』さんから。1/6スケール「セイバー(メイドVer.) 」です。
確か最初は、G.K.izmにて5個のみ頒布され、その後のWF等でも随分と評判を呼んだ作品ですからご存じの方も多いでしょうね。今回実物を初めて見ることが出来てそれだけでも得した気分です。

Mmmade_saber3_5

Mmmade_saber6

Mmmade_saber2

Mmmade_saber1_1  Mmmade_saber5

Mmmade_saber7  Mmmade_saber8

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2)

『WORKS札幌』さん「セーラーサターン」

ETX-80ATという天体望遠鏡を買ったのは先日ちょっと書きましたが、購入の際に通販ショップを巡ってみると何故かほとんど定価売りかそれに近い価格のショップばかりでした。その中で定価より1万円安いショップを見つけて購入できたので得したなぁと思っていたのですが、後日アストロアーツのWebショップを見ると・・・・・狙いすましたようにETX-80ATだけメーカーのキャンペーンで2万円も安くなっているorz
2~3日の差で大損してしまった。前に見たときは定価だったのに(涙)これが一ヶ月もズレたら諦めもつくんですがねぇ・・・・・・。
、、、6、7万円程度の商品で1万円も違ったらかなり痛いぞという愚痴をお届けしました(^^;。

さて、もう少しだけセーラームーン関連続けます。
今回は『WORKS札幌』さんです。1/8スケール「セーラーサターン」
当時かなりの人気を呼んだキットでした。派手な得物に、可憐なキャラのイメージ。見えそうで見えないような、そうでないようなスカートが素敵です。フィギュアにはチラリズムが必要である事を体現した作品でしょう(^^;。
この後に改修版が頒布されているようです。

Workssapporo_saturn1

Workssapporo_saturn2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2)

『kip』さん「セーラープルート」

前にも書いていると思いますけれど昔の写真は銀塩と言いますか、ネガフィルムで撮っています。改めて環境を書いてみます。
カメラはPENTAXのZ1-P又はZ5-Pこの(P)って記号はPROのPなら格好良かったのですが、PANORAMAのピーなのですよ。一昔前にパノラマ写真がちょっと流行ったのを覚えている人っているかなぁ?これは普通のコマを上下にカットして拡大してプリントすると言う実質的に全く意味の無い代物でした。
中級機以上のカメラのくせに意味の無いパノラマ機能が付いてくるのに腹を立ててパノラマ切り替えスイッチを瞬着で固めてしまったのも良い思い出です(ぇー
そんなカメラに主にフジフィルムのISO400のネガフィルムを装填してタムロンのF2.5/90mmマクロレンズに純正リングストロボを取り付け撮影していました。明るいレンズでピント合わせが楽で描写力も抜群、画角も自分には丁度良くて撮り易かったです。

そして保存してあったネガからニコン社COOLSCAN V EDというフィルムスキャナーで読み込み中です。
解像度はある程度プリントにも耐えるであろうと思われる1500dpiで読み取っています。でもプリント全くやってませんね(^^;。
このスキャナーは4000dpiの解像度まで対応していますが、スピードの遅さとHDDの圧迫具合が半端じゃないのでそこまでやってません。ブログにアップしている画像はキリの良い幅にリサイズしています。ということでひとつ・・・・・。

さてさて今回は『kip』さんです。1/6スケールの「セーラープルート」です。原型は「湊川あまは」さん。
本来アニメ等の印象ではプロポーションはスラリとした印象のプルートですが、ご覧の通りのグラマラスボディ。同氏の近作も同様の傾向ですから原型師の個性を前に出した造形ということでしょうか。何にしても魅力的な作品でした。

Kip_pluto1

Kip_pluto2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『うさこの部屋』さん「セーラームーン裸の天使Ver」「月野うさぎ水着Ver」「ちびうさぎ」「美也咲Ver98」「麻宮アテナVer97」

長いのでサクっと行ってみます。引き続きJAF-CON7からです。

今回は『うさこの部屋』さんです。写真を見て懐かしいなぁと思いましたよ。沢山の月野うさぎを造形され、頒布していた記憶があります。詳しくないので良く知らないのですが、近頃見かけないディーラーさんだと思います。どうされているのでしょうかねぇ。
ガンダムやセーラームーンの当日版権はJAF-CONでのみで降りた時期がありました。そんな頃の一コマです。

こちらは『美少女戦士セーラームーン』シリーズより「セーラームーン裸の天使Ver」です。スケールは1/8
羽の材料はキットに付属していました。アニメの最終形態をモチーフにされたようです。

Usakonoheya_hadaka1

Usakonoheya_hadaka2  Usakonoheya_hadaka3

全身の入ったショットが見つかったので追加、これはズームレンズで撮ったものです。
オートフォーカスで適当に撮ったから若干ピンぼけだ(^^;。

Usakonoheya_hadaka4

同じく「月野うさぎ 水着Ver」です。スケールは1/8
お腹が冷えそうなデザインで股の切れ込み具合がスゴス(笑)

Usakonoheya_mizigi1

Usakonoheya_mizigi2

同じく「ちびうさぎVer」スケールは1/8
SuperSの劇場版オープニングに登場したらしいです。珍しいモチーフのキットですね。

Usakonoheya_miniusa

こちらは「美也咲Ver98」スケールは1/6
これはオリジナルでしょうか?。グラビアでは定番の手ブラポーズ。フィギュアではちょっと珍しいかもしんないですね。コケティッシュな魅力です。

Usakonoheya_miyasaki

格闘ゲーム『ザ・キング・オブ・ファイターズ』よりサイコソルジャー「麻宮アテナVer97」です。スケールは1/8です。
宙ぶらりんの浮遊感がサイコソルジャーっぽいですね(笑)

Usakonoheya_atenaver97_1

Usakonoheya_atenaver97_2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『すたじおガッシュ』さん「ククリ」「初野 華」「シルバー王女」

ちょっと前から欲しかった天体望遠鏡を買ってしまいました。当然分割で(^^;。
MEADEのETX-80ATという機種で比較的コンパクトな口径80mmの屈折タイプ。自動導入機能付きで購入価格6万弱。さすが中国製、安!
メーカー自体は一応アメリカなんですよ~。最近は何でも中国製だね(汗
物が安いのは嬉しいけれどモノ作り日本に住んでいる者としては危機感もあるよなぁ・・・。

えっと、本当はもっとオモチャみたいな望遠鏡で我慢しようと思っていたのですが、結局はそこそこ使い物になるだろう物を買ってしまいました。本当は一眼レフで撮影が出来るもっと本格的な機種を欲しかったのですが(金も無い初心者のくせに無茶言うな)それは栃木の実家に戻ってからにします。
しかし買ったは良いが本当に使えるのだろうか。ベランダでこんなものを使ってたら絶対に通報されそうな気がする(^^;。大阪近郊で邪魔されずに天体観測出来るポイントを御存知の方、こっそり教えてください(笑)

さてさて今回も引き続きJAF-CON7から『すたじおガッシュ』さんです。
例によって詳細は不明なので簡単に列挙してみます。

魔法陣グルグル』より「ククリ」です。
・・・・可愛いなぁというシンプルなコメントしか出ません(笑)

Studiog_kukuri

勇者王ガオガイガー』より「初野 華」2連発です。スケールは1/6のようです。
2枚目のウェディング姿は最終回に登場したものですね。・・・・ガガガはLDを買って結構夢中で見ていたアニメでしたが、振り返えればもう十年経っちゃったのね(^^;。

Studiog_hana1

Studiog_hana2

夢のクレヨン王国』より「シルバー王女セット」です。たぶんノンスケールです。

Studiog_silver1

シルバーだけアップ(笑)

Studiog_silver2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『KEY THE METAL IDOL』より「巳真兎季子」

金が無さ過ぎでワンフェスへ行けなかった私が来ましたよ?
最近は久々にゲームにハマっていました。イースオリジンをプレイし尽くして勢いで旧作もプレイする不毛ぶり(^^;。
んでバナーを掲げているトリガーハートエグゼリカも買いましたよ。まだ未プレイですが、ドリキャス本体は実家に置きっぱなしなので本体も買いました。これで都合3台目(ぉ
そんな近況ですが21日に開催されるWHF名古屋7を控えてテンションを上げて行きます。
でも最近ちょくちょく行っている明石天文科学館メガスターがやって来るのでそっちの方が気になってソワソワしっ放しです(笑)
そんな事はさておき来月はWHF神戸もあるし関西のガレキシーズンはこれからなのです。
あ、そう言えば関西出向が9月まで延長されたのでした(^^;。

さてさて今回は98年のJAF-CON7よりお送りします。
オリジナルビデオアニメーション『KEY THE METAL IDOL』より「巳真兎季子」(みま ときこ)です。スケールは分かりませんが1/8以上はありそうです。
残念ながらディーラー名は不明。情報募集中です。
このキットは版権イラストをモチーフにしたものでして、同じモチーフではマックスファクトリーより、あの智恵理さんが造形されたものが印象に残っています。
ただあちらの方はレリーフ状の造形でキャラクターの見せ方を半身像にしていた為、比較的作りやすく洗練された仕上がりでした。しかし別の見方をすればモチーフに対して省略されていたとも言えます。
それに対しこちらはイラストのイメージのまま造形した力作です。メカ部分の仕上げも結構丁寧で完成させるとまさに1点ものという感じですね。たぶんアマチュアの方だと思うのですが、アマチュアの拘りを感じます。

Key1

Key2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »