« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

『ママチャップトイ』さん「ちっちゃなもこちゃん」「ひなちゃん・ひよちゃん」

あれ、ウチってガレキ専門のサイトだったっけ?と、俺は誰だ?みたいなことを考えてしまったのですが、トップでは「美少女フィギュア」とカテゴライズしていたんですな(^^;。

と、いうことで今回は『ママチャップトイ』さんです。見てのとおりドールの女の子達ですね。
元々ドール属性はそれほど無いはずですが、これだけは以前から欲しいなぁと思っています。実際にはなかなか手が回らないのですが。

ブースが蛍光灯下で明るくシャッター速度が稼げて嫌な影も付きそうになかったので珍しくストロボ無しで撮影しています。感度ISO800なので粒子は荒れ気味です。

こちらは「ちっちゃなもこちゃん」No.2 「くろめいど」奥にはぴんくめいどが。生産完了品?
オビツ可動ボディ全高23cm

Mamachappmokokmaid1

「ちっちゃなもこちゃん」シリーズ第1弾セーラー服のリペイント版

Mamachappmoko_sailor1

「ちっちゃなもこちゃん」No.3 ようちえんVer. うさぎ組(ピンク服)、ひよこ組(ブルー服) 

Mamachappmokoyouchien1

「ちっちゃなもこちゃん」 No.5 ねこみみロリータ Ver. 「しろねこちゃん」「くろねこちゃん」  

Mamachappmoko_neko1

ちっちゃな女の子 双子の「ひなちゃん」「ひよこちゃん」ねこみみロリータイチゴチョコVer  

Mamachappmoko_futago1

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『IWGK』さん「ディフォルメなのは2」「ジャスティラビー」

ちょっと辛気くさい話ですが・・・。
パソ通時代に知り合った知人が先日事故で急逝したとの報を聞いた。遠方に住んでいたので実際に会った機会は2度ほどであったが、身近に感じていた同世代の友人知人が亡くなったことは今までに皆無だったのでショックだったなぁ。自分でも意外なくらいここ数日そのことが頭から離れない。
こっちに潜伏している間にお膝元の大和ミュージアムを見に行き、都合が合えば構ってもらおうと思っていたのだが、それは叶わぬ願いとなってしまった。
図らずも以前頂いた思い入れたっぷりに地元三次市を案内した同人誌が思い出の品となってしまった。
彼が居なくなってしまったことを今だに信じたくないのだが、時々でも思い出して冥福を祈ろうと思う。

さてさて本題ですが、今回は『IWGK』さん(SWITCH BLADE)です。

こちらは『魔法少女リリカルなのは』より「ディフォルメなのは2」です。
ノンスケールで全高80mm原型はふるパワ~さんです。
モチーフはCDサウンドステージ01の水着姿だそうです。フリルの付いたデザインもアレですが、体型もアレで犯罪的に可愛いですな。
以前のデフォルメ私服姿はこちらです

Iwgk_nanoha21

こちらは『ケロロ軍曹』より」「ジャスティラビー」
ノンスケールで全高120mm。原型はHさぶろーさんです。ラビーのガレキは比較的珍しいですね。涙顔が萌えます(笑) 556の目はちょっと恐いけれど(^^;。

Iwgk_rabbi1

Iwgk_nanoha22  Iwgk_rabbi2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『亜野MEGA郎』さん「おジャ魔女はな」

さてさて今回は『亜野MEGA郎』さんです。『おじゃ魔女どれみ ドッカ~ン!』より「おジャ魔女はな」です。ノンスケールキットです。大きさは15cmそこそこでしょうか。
どれみものとしては究極の完成度という印象でした。展示も華やかでした~。
以前のおジャ魔女の面々はこちらです

Anomega_hana1

Anomega_hana2

Anomega_hana3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Flat sox』さん「水銀燈」

とんでもなく遅いタイミングですが、『とあるひのコタツガ』さんのレポートリンク集に捕捉してもらってます。有難うございます。
さすがワンフェス。レポートの数も半端じゃないですね。私自身も一気には見られないのでぼちぼち見ていこうと思っています。

さてさて今回は『Flat sox』さんです。『月刊 コミックバーズ』連載ローゼンメイデンより原作版の「水銀燈」です。
ノンスケール250mm約1/5スケールとの表記があります。
会場内はローゼンメイデンキャラが目立ちましたが、このようにドラマティックなシーンを連想させる仕上がりで、塗装の表現方法としてウェザリングまで施した作品は他には無かったと思います。個性的で良かったです。

Side: True

Flatsox_suigintoutrue1

Flatsox_suigintoutrue2

Side: hope

Flatsox_suigintouhope1

Flatsox_suigintouhope2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『夢のカグツチノ公国』さん「ARIAシングル・ペアセット」

さてさて今回は『夢のカグツチノ公国』さんです。
ARIA』より「ARIAシングル・ペアセット」です。ノンスケールの半身像ですが、大きさ的にはトレーディングフィギュアサイズという感じです。腰をかがめたアリスは5cmそこそこの大きさしかありません。小さ!。このサイズで各社長も同伴する芸の細かさです。パーツは全部で39個もあります。
この小ささでこれだけニュアンス溢れる造形をする戸田さんの手は魔法のようだと思ってしまうのでした。

精密さにビビッって多方向にたくさん撮れませんでした。お尻等を確認したい方は御本家サイトにどうぞ(^^;。

こちらはシングル(片手袋)の「水無灯里」です。

Kagutsuchino_akari

同じく「藍華・S・グランチェスタ」ショートヘアーVerはガレキではまだ珍しいですね。

Kagutsuchino_aika

ペア(両手袋)の「アリス・キャロル」

Kagutsuchino_alice

あ、全景取り忘れたらしい(^^;。

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『めぬません』さん「高速食パン」「ばてろこさん」

いい加減に買ったもののパーツ洗浄くらいはしておこうと思う今日この頃です。

さてさて今回は『めぬません』さんです。ノンスケールモデルだと思いますが、おおよそピンキーサイズのキットです。毎度作品自体の出来映えも感心しますが、背景のカットも楽しみです。

こちらはおそらく新作の「高速食パン」です。何だか分らないけれど好きです。

Menumasen_kousoku1

Menumasen_kousoku2

こちらは「ばてろこさん」手にしたのはダイナマイトと消火器?。何だか分らないけれど好き<他に感想はないのか(^^;。

Menumasen_bateroko

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『雄猫堂』さん「灯里」「藍華」「アリス」

ワンフェス当日、既に動き出した入場列に並び、ようやく初めてガイドブックを開きました。そこには全長1mの宇宙戦艦ヤマトの広告がありました。興味はあっても30万円じゃ全く手が届かないのでせめて写真だけでもと思いましたが、このサイズになるとレンズはズームじゃないとお手上げかなと。大抵の物は常用している単眼レンズで間に合うんだけどねぇと内心思っておりました。
しかしその時はまだ知らなかったのですが、フィギュアでもそれに匹敵する作品があったのでした(汗

それが今回の『雄猫堂』さんの作品です。
コミックブレード連載中、アニメにもなった『ARIA』よりウンディーネ見習い3人娘です。スケールは堂々の1/6です。
ゴンドラを最初見た時はデモ展示用のワンオフ品かと思いきや、しっかりキャスト製で成型されていわゆるウォーターラインで造形されいます。そしてキャラに合わせて3分割されています。そうなんですよ。ゴンドラもしっかり1/6でキット化されているんです。全長98cmです。驚きました。
セット購入すると2万円×3人で6万円・・・・。ん~。ヤマトよりは全然安い(お

前述のように私の装備では全体がまともに撮れませんね(^^;。

全景、未来の3大妖精の合同練習風景ですね。

Yunekodo_aria

「水無灯里」自分の事情としてセット購入する事は色々な意味で厳しいのですが、これだけでも欲しいですね。ゴンドラ型のベース付という解釈も有りか(^^;。

Yunekodo_akari1

「藍華・S・グランチェスタ」

Yunekodo_aika1

「アリス・キャロル」

Yunekodo_alice1

Yunekodo_akari2  Yunekodo_akari3

Yunekodo_akari4  Yunekodo_aika2

Yunekodo_aika3  Yunekodo_alice2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『はぽい処』さん「ミント・プラマンシュ」「薔薇水晶」

無理矢理フィギュアネタを書いてみる(^^;。
セガダイレクトよりソニック15周年フィギュアが届きました。足が細くて後ろに重心があるデザインなので反り返りそうだなぁと思ったが、脚には芯が入っているようで一安心です。
しかしソニックが15周年ですか・・・メガドラで遊んでいたのが懐かしいのも確かだし年取るわけだなorz

さてさて今回は『はぽい処』さんです。HPによりますと当日の朝7時まで展示用の見本を塗装していたそうですがキッチリ仕上げてくるところは流石ですね。
岡崎氏は前回のWSC選出者ですが、その後の作品「綾波レイ」は『EVANGELION STORE』にて現在通販受付中です。

こちらはアニメ『ギャラクシーエンジェル』より「ミント・プラマンシュ」です。
スケールは1/10です。ちいさ!。可愛い!。前作とは作風も大きさも随分と違いますね。実験的な作品なのかもしれませんが見事な変幻自在ぶりですね。再販するそうなので次回以降に希望を繋ぎます。

Hapoi_mint1

Hapoi_mint2  Hapoi_mint3

Hapoi_mint4  Hapoi_mint5

こちらは『ローゼンメイデン トロイメント』より「薔薇水晶」です。ノンスケールですが、全高26cmですから人間スケールなら約1/6相当ですね。前出のミントと並んだ写真は無いのですが、並ぶとかなり作風と大きさのギャップがありました。
全体的な印象として面構成が凄いですね。スカートのフリルの重なりとか凄いなぁと素人丸出しの感想を抱くのでした(^^;。

Hapoi_bara1

Hapoi_bara2  Hapoi_bara3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『AGGRESSIVE』さん「2×2」ダブルコラボレーション

引続き『AGGRESSIVE』さんです。この作品は非売品でスペースの一角に展示してありましたが、これは『レプリカント誌』の連載企画の1つでイラストレータ2名と原型師2名のコラボレートで「2×2」のダブルコラボレート作品らしいですね。
もう少し詳細に言いますと、デザイン面はきみづか葵氏と蓮実江蘭氏の競作イラストで造形面は宮川武氏とみすまる☆ましい氏との競作原型です。レプリカント誌は買っているのですが、実は全然見ていないのでこれの為に確認してしまいました(^^;。<読めよ
作例はレプリカント25号に掲載されたものでみすまる氏が塗装フィニッシュを施したものだと思いますが、次号では宮川氏の作例が掲載されるそうです。
姉妹の名前は8月末まで公募していますが、次号のレプリカント誌で発表されるそうです。

作品はまるで立体パズルの様相を呈していますね。姉の首をヘッドロックした妹の表情も良いのですが、妹の股間に腕を入れてマウントした姉のポーズが生々しくて良いですなぁ(^^;。

Aggressive_2x21

Aggressive_2x22

Aggressive_2x23  Aggressive_2x24

Aggressive_2x25  Aggressive_2x26

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AGGRESSIVE』さん「ともみビキニタイプ」

写真多めなのでサクッと行きます。

今回は『AGGRESSIVE』さんです。歴代のともみが並ぶブースが圧巻の名物ディーラーさんですね~。但し今回でワンピースタイプの水着は最後の販売でした。
ワンフェス2006夏の新作はPCゲーム「Piaキャロットへようこそ!!3」より
「愛沢ともみビキニタイプ」でした。スケールは1/5です。
いつものようにショートヘアーとロングのツインテールのコンパチキットですが、今回は憂いを帯びた表情と舌をだしたお茶目な顔のパーツも選択できるようです。どちらも良いですね。必ず再販するはずなので在庫がある時に入手したいと思います。

相変わらず見事な仕上がりで、設定としてとみもたんはAカップに近いBカップとの話があるようです。キットはその通りもう見事なロリっぷりです。セクシーさを強調したつもりが逆に子供体型が目立ってしまったみたいな感じで大変宜しいです(笑)

Aggressive_bikinitomomi1

Aggressive_bikinitomomi2

Aggressive_bikinitomomi3

Aggressive_bikinitomomi4  Aggressive_bikinitomomi5

Aggressive_bikinitomomi6  Aggressive_bikinitomomi7

Aggressive_bikinitomomi8  Aggressive_bikinitomomi9

Aggressive_bikinitomomi10  Aggressive_bikinitomomi11

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『カントリーガール』さん「鳳仙エリス2」

今週末はやたらにDVDが届いたのですが、一個多いような?注文していたのをすっかり忘れていましたがこれからカノンプレリュードDVD見ますですよ。

さてさて今回は『カントリー ガール』さんです。『F&C』のPCゲーム「CANVAS2」より1/8スケール「鳳仙エリス2」です。前作のエリス制服姿の写真は押さえてないのですが、トイズ・プランニング社よりPVC完成品として発売されているようです。こちらの私服も完成品になったりするのでしようか。
それにしても、ま~いつ見ても綺麗で可愛い仕上がりです。私の前で撮影していた二人組の女性が可愛いを連発してやたら受けていたのが印象的でした。考える事は同じという事なのでしょうか。もっとも私はあんなにはしゃぎませんが(^^;。

Countrygirl_ellis1

Countrygirl_ellis2  Countrygirl_ellis3

Countrygirl_ellis4  Countrygirl_ellis5

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『LIVEDOM』さん「八神はやて」

今回は超人気サークルT's systemさんやケルベロスプロジェクトさんの写真は無しです。未練はあったのですが、各々の撮影待ち待機列の長さを見て断念。そこに割く時間を他に回しました。撮影中心でワンフェスを見るならば時間が足りませんからね~。
その一方では一般の卓を見回すと写真撮影の為に卓にかぶりついてる人は気のせいか一時期よりも減ったような?。まあ、こちらとしては楽で良いのですがね。
携帯組も一時期よりは減ったような印象です。マナーが浸透したのかどうかは微妙ですが。
でもプレスでもないのに三脚を持ち込んでいる人は何人か見たような気がします(汗。WFの場合禁止事項ではありませんが、混雑の中で機材が転倒する危険性を考えたらあれはちょっと心証が悪いですね。

さてさて今回は『LIVEDOM』さんです。1/7スケールの「八神はやて」原型は爪塚ヒロユキさんです。
爪塚さんの魔法少女リリカルなのはシリーズ3作目になります。
当サイト内での過去の作品はこちらです。『高町なのは』と『フェイト・テスタロッサ
WF開場直後の反応は各レポートから想像するしかないのですが、今回もすごい反響のようですね。撮影した時には何の混雑も無くて拍子抜けでしたが。
前作のフェイトはPVC完成品にて発売目前ですが、はやてちゃんはガレージキットとしてどこぞで誌上通販でもしてくれないもんですかね。メチャ欲しいなぁ。
と言う事で写真を撮りましたが、さらに詳細な写真は本家サイトでどうぞ。ただしウチの写真はスカートの中まで光が届いています(爆)
黒とは実に悩ましいけしからんのでキットを買ってシマシマに塗りたいものです(^^;。

Livedom_hayate1

Livedom_hayate2

Livedom_hayate3

Livedom_hayate4  Livedom_hayate5

Livedom_hayate6  Livedom_hayate7

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『POLYGONIA』さん「閻魔あい」「コトナ・エレガンス」

では引続き順不同で続けたいと思います。買えなかったもの、単純に気になったもの。色々ありますが順番はランダムです。

さてさて今回は『ポリゴニア』さんです。
これはワンフェスとは関係ない話なのですが、ポリゴニアさんのところで『Cerberus Project』さんのイベント限定品「向坂 環」ガレージキットを一般商品として通販するそうです。イベントで買えなくて涙をのんだ人はチャンスなのでお金を握りしめて9月1日を待ちましょう。9月29日までの受付予定だそうです。

こちらは『地獄少女』より「閻魔あい」です。スケールは1/7くらい?
端正な顔立ちで前髪を切り揃えた長い黒髪の為か日本人形の趣がある作品ですね。地獄少女好きなので主観が入りすぎているかもしれませんが、幻想的な雰囲気が出ているように感じます。
しかし角度を決めて撮るのは難しい作品ですね。結果を見るとイマイチ失敗しているようです。肩で羽織った着物は間違いなく見せ場の1つになっているのですが、上手く撮れるはずもなく、気になる方は本家サイトに突入して確認して下さい(^^;。
それにしてもこれを複数製作してサンプルで提出するのでしょうか。考えただけでも大変そうです(^^;。

Polygonia_ai1

Polygonia_ai2

Polygonia_ai3

Polygonia_ai4  Polygonia_ai5

こちらは『ゾイドジェネシス』より「コトナ・エレガンス」です。スケールは1/7
以前のものより改修されているようです。腰回りが何となく美味しそうな雰囲気です(^^;。

Polygonia_kotona1

Polygonia_kotona2  Polygonia_kotona3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『コタン堂』さん「一橋ゆりえ」

本日は記事紹介のお礼のコメントからです。『Blue Crescent』様に「ROUND FACER」さんの『にゃんこクロー』と「81ガレージ」さんの「ドロロンえん魔くん 雪子姫」と「超電磁ロボコンバトラーV 南原ちずる」を紹介して頂きました。有り難うございます。
Blue Crescent』様ではG-PORTのガレージキット「ロードス島戦記 ディードリット」の記事アップです。
うわ、凄いですね。実物は見た事ないかもしれません。昔どこぞのショウケースで見たのかもしれませんが。確かに今では幻かもしれませんね。

さてワンフェス2006夏で買ったものその3は『ゆうなぎ人形館』さんの「うどんげ」でした。神戸で紹介しているので写真は割愛(^^;。

そして最後は『コタン堂』さんの「一橋ゆりえ様」です。原型はガンバスさんです。スケールは1/8ですが、ヒザを曲げた姿勢でかなり小さく見えます。
当日は気にしていませんでしたが、ブルマ姿はアニメには登場しなかったはずなのでコミック版かもしれませんね。胸の御札がワンポイントで良い感じです。

Kotandou_yuriesama1

Kotandou_yuriesama2  Kotandou_yuriesama3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ぷるぷるっと』さん「SWEETのNASAちゃん~水兵さん~」

今回の撮影機材もいつもと同じくPENTAXの*istDsに50mmマクロレンズ、純正リングストロボを取り付けて適当に撮っています。RAW画像の現像には5月頃よりPhotoshopElements 4.0を利用しております。
撮影の際ピント合わせはマニュアルのみでノートリミング加工無しです。被写体が切れてても仕様です。まあ、いつもと変わりないのですが(^^;。

さてさて今回は買ったものその2『ぷるぷるっと』さんの「SWEETのNASAちゃん~水兵さん~」 です。ノンスケールで全高約11cmの小さいキットでした。
水兵です。セーラーです。敬礼です。藤田幸久キャラは良いなぁと思うのでした。
NASAちゃんは『SWWET』という1/144スケールで第二次世界大戦中の航空機を専門に制作発売しているプラモデルメーカーのマスコットガール的な存在で。藤田幸久画伯のポップなボックスアートにも登場しています。

写真的にはちょっと反射が強すぎて失敗しちゃったかなぁという感じです(^^;。

Plepletto_nasa1

Plepletto_nasa2  Plepletto_nasa3

Plepletto_nasa4  Plepletto_nasa5

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『81ガレージ』さん「雪子姫」「南原ちずる」

ワンフェス合わせで帰省して潜伏先に戻ってきました。
当日は「レアモノゲットするぜ!!」という意気込みはサラサラ無く、国際展示場正門駅に10時ちょい過ぎに到着、例によって橋の中腹ぐらいまで渡り、観覧車が間近に見える所で列に合流、炎天下を行進して会場の入り口を通ったのは11時を若干回った辺りでしょうか。
そしていきなり終わった感想ですが、いやぁ、疲れた。ここ何回かのWFでは終わった後も体力的に余力を残していましたが今回は何故か凄い疲労感。・・・これはイベントの感想とは直接関係ないな(^^;。まあ、ぼちぼち行きます。

今回の撮影枚数は899枚、その他メモ用に154枚。先月2GのSDカードを増やしたのでもう枚数をセーブしなくても大丈夫かなと思ったのが大間違いで最後は画像を消しながら撮っていました(^^;。ペース配分を間違えました。最近はメモリーも安いので今後カメラを買い換える事も考えてあと6G程追加しましょうか。
しかし枚数の割に撮影アイテム数は大して多くありませんが、それでもこれだけの枚数になると従来の方法で公開するには手間と時間がかかりすぎで厳しそうですね。でも気にしない方向で(お
何から手を付けてよいか分らなくなりそうですが、とりあえず買ったものから行きます。

こちらは『81ガレージ』さんの1/8スケール「雪子姫」です。
オールドネタですが『ドロロンえん魔くん』のヒロインで地獄界の名門出身。えん魔くんの仲間でガールフレンド。何とハイスペックなプロフィール!
えん魔くんが「雪ちゃん」と呼ぶと「雪ちゃんじゃなくてあたしの名前は雪子姫!」と返すイチャつきぶりが印象的でした。でも当人もまんざらでなく、最終回では・・・今風に言うならツンデレかも(笑)
このガレージキットは髪型の感じでは原作版が元になっていそうですが、アニメ的で可愛らしく柔らかなタッチで今見たかった雪子姫を再現してくれた印象です。眼福眼福。
和服だけに履いてないし(^^;。

81garageyukihime1

81garageyukihime2

81garageyukihime3  81garageyukihime4

81garageyukihime5  81garageyukihime6

こちらは『超電磁ロボコン・バトラーV』より1/8スケール「南原ちずる」です。
比較的珍しい私服姿ですね。これ以外でも見かけましたので相変わらず根強い人気です。

81garagechizuru1

81garagechizuru2

30年以上昔のアニメ・漫画のドロロンえん魔くんですが、設定と作風を大幅に変え『鬼公子炎魔』というOVAとしての発売が目前です。ちょっと見たいですね。どうしようかな。
例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『まけいぬ』さん 同級生2より「鳴沢唯」

実家に戻り約10ヶ月ぶりにフィルムスキャナーを稼動させテスト、ネット巡回を兼ねてマンガ喫茶より臨時更新です。
旧スキャナーの画像を利用した2年前の記事ですが、今回ネガが見つかりましたので新たにスキャンして再投稿です。
しかしネガは何となく退色しているように感じました。彩度を上げ気味にしましたが、それだけではダメッぽです。しかと寮に持ち込んで可能な限り全数デジタル化しておこうと思います。(まー結構ヒマだしね(^^;)

Makeinu_yui2

Makeinu_yui1  Makeinu_yui3

(以下2004.07.24の記事です)
今回もHDDの肥やしの中から、まけいぬ(河合孝典)さん原型の「鳴沢唯」です。まけいぬさんといえばエヴァンゲリオン関係のガレージキットで有名かもしれませんね。
まけいぬさんのキットは髪の毛の先までシャープな造形でため息物ですねぇ。少々子供っぽいけれど、ほどけたリボンと微妙な脚線がアンバランスで何とも官能的かも(全身が入ったカットはどこへ行ったやら(^^;)(2006.08.18ネガ見つかりました)
この同級生2の頃までは現役のゲーマー(笑)だったので当時は究極の妹キャラだと思っていました。

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『はの=のわーる』さん「モモ」 ~ピンキーストリートver~

いつもの調子でやってきたWHF神戸24の写真ですが、今回で一区切りです。あまり枚数がありませんでしたのでほぼ終了です。
これから帰省しますので次回の更新はWF終了後の22日頃ではないかと。それでは再見!

さてさて本題ですが、今回は『はの=のわーる』さんです。
電撃文庫刊でアニメにもなった『しにがみのバラッド。』より「モモ」 ~ピンキーストリートver~です。
写真では分かりづらいのですが、塗装の発色が綺麗でした~。

Hanonoir_momo1

Hanonoir_momo2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ROUND FACER』さん「にゃんこクロー」

微妙に前回の続きです。『ROUND FACER』さんのオリジナルNo.9「にゃんこクロー」です。
スケールは1/10
当日卓の前はP-UNiTさんとムサシヤさんの行列のアオリで結構凄い事になってました。開始より結構な時間が経っていましたが、行列を横目に狭くなった通路を通るとまだ商品があるのを偶然に発見。以前より気になっていたオリジナルNo.8のワンピースセーラーさんを購入させていただきました。あの混雑具合で客足が遠のいたのでしょうかね?だとしたらいい迷惑だったと思いますが自分的にはラッキーかもと思ったりして(^^;。
残り予算ぎりぎりの為、購入はそれ一個のみ。新作はまたの機会に。貧乏は辛い(^^;。
かと言って高いわけではなく、あまり値段のことを書くとアレなのですが、これで2,000円は安過ぎです。

いつもの調子で撮るとアクリル状の背景に光が反射してしまう為、ちょい微妙なアングルよりの撮影となりました。

Roundfacer_original91

Roundfacer_original92

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ムサシヤ』さん「真紅」「蒼星石」「水銀燈」「椚あやの」

盆休み等関係ない日々を送っていますが、それはそれ本日2回目なのでサクッと行きます。

さてさて今回は『ムサシヤ』さんです。原型は全てWOODさんが手がけているようです。
当日はP-UNiTさんの列と重なって通路を挟んだ壁際のスペースが大変な事になっていました。結構後でも買えたようですが。

ローゼンメイデン』より「真紅」です。全長25cmです。ツンデレのデレの部分を表現した感じでやたら可愛い仕上がりですが、あまり似てないかな(^^;。
髪の表現は流石に手慣れたものですねぇ。

Musashiya_sinku1

Musashiya_sinku2  Musashiya_sinku3

同じく「蒼星石」です。全長26cm通常スケールなら1/6程度でしょうか。
これもやたら可愛い仕上がりですが元のイメージからすると好みは分かれそうです。

Musashiya_sousei1

同じく「水銀燈」です。全長26cm
以前も撮りましたがアオリ気味の感じが良かったので(^^;。

Musashiya_ginsama1

こちらは『カクテルソフト』のPCゲーム、シリーズ最新作?の『Pia キャロットへようこそ!!G.O. ~グランドオープン~』より1/6スケール「椚あやの」です。
シンプルなシルエットですが、何げにフリルや手袋、小物が多くて面白いですね。

Musashiya_ayano1

Musashiya_ayano2  Musashiya_sinku4

Musashiya_sousei2  Musashiya_ginsama2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『教会騎士団』さん「高町なのは レイジングハート・エクセリオン」「黒セイバー ドレスver」

ガレキイベントに行くと適当に買い物をした後はいつものように写真を撮っている訳ですが、たまには以前のように銀塩カメラを持ち出してフィルムを使ってみたいなぁとも思います。プリントで見るガレキの写真も結構好きなんですよね。まともなミニラボならヘロヘロな露出で撮ってもちゃんと色合いなども調整してくれるし、手間いらずでそれなりに安く仕上がりますから。
でも長年続けると結局はそれらの保管場所にも困るんですよね(^^;。それがデジタルに移行した一因にもなっています。こうしてWebで公開する場合も当然デジタルが有利ですしね。
そして何よりも一回のイベントでフィルム代、現像・プリント代で2~3万円が消えてしまう事を考えるとその分の予算でガレージキット等の購入に充てることが出来るのですから、その方がイベントに参加する人間としてはまともかもしれません(^^;。

さてさて今回は『教会騎士団』さんです。相変わらず得物との組み合わせが素敵です。

こちらは『魔法少女リリカルなのはA’s』より1/6スケール「高町なのは レイジングハート・エクセリオン」です。WHF神戸24用の新作だそうです。
レイジングハートは意識的に設定よりも大振りになっているそうです。バリアジャケットの雰囲気とあいまって重装甲・大パワーのなのはらしい姿ですね。(元祖白い悪魔のガンダムならGP02か(^^;)

Kyokai_nanoha1

Kyokai_nanoha2  Kyokai_nanoha3

TYPE-MOON』のPCゲーム『Fate/hollow ataraxia』より1/6スケール「黒セイバー ドレスver」です。WHF神戸24用の新作その2です。
アヴァロン(鞘)からエクスカリバーは抜けるそうです。こだわりですねぇ。
それにしても剣を携行するセイパーさんって珍しいのでは。
写真は露出がヘロヘロ気味です(^^;。

Kyokai_kurosaber1

Kyokai_kurosaber2  Kyokai_kurosaber3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『日本茶×擬人化プロジェクト』さん「ふうきたん」

本日は記事紹介お礼のコメントからです。『Blue Crescent』様に『メガテクボディ』さんの「向坂環」を紹介していただきました。いつも有難うございます~。
Blue Crescent』様のところではオオツカ企画の「ハイパーヒーロー 仮面ライダー 新1号」記事アップです。
昭和ライダーに限らず平成ライダー好きな方も一度ご覧になってはいかがでしょうか。
こうしてライダーをシリーズで揃えると圧巻ですね。素体にライダー服を着せているので結構雰囲気が出ていますね~。仮面ライダーは今でも好きですが、去年公開された劇場版は少々肩透かしだったかな~とか思ったり(^^;。

さてさて今回は『日本茶×擬人化プロジェクト』さんです。初めて見たディーラーさんといいますか、日本茶である「べにふうき」を擬人化して推進しているらしいですね。
作品名もズバリ「ふうきたん」です。大きさは約15cmですからスケール的には約1/10でしょうか。
チラシには「擬人化ムーブメントに便乗した闇雲な商品展開」と書いてありますが、頒布していたキットはお茶筒型のパッケージに入っていたりと力の入りようが何かと目を引きました。少量ですが塗装済み完成品も販売していました。

Fuukitan1

Fuukitan2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

『Pilot』さん「バニーアスカ Compatible Ver」

そう言えばワンフェスのカタログ買ってないなぁ。日本橋まで繰り出せばよかったのか、それとも品切れで手遅れかな。まあ、事前にチェックできなくても当日手間取るだけで無問題ですかね。購入に充てるであろうお金は大阪からの交通費だけで消えちゃうし(^^;。
昨年まで住んでいた栃木は田舎ですが、東京からもそこそこ近くて離れてから有り難さを実感しています。
しかしこう考えると毎度遠方から上京する方々は凄いなぁと思います。遠方より参加する方々はお互いに頑張りましょう。

さてさて今回は今までにも多数のアスカを世に送り出している『Pilot』さんです。
作品は「バニーアスカ Compatible Ver」
アスカとはもちろん『新世紀エヴァンゲリオン』のキャラクターですが、登場より10年を越えて本当に息の長いキャラだなぁと思います。放映当時の世間様のレイ人気はどこへやらといった印象です(^^;。
キットのスケールは1/6で写真のようにベスト付のフォーマルな?バニーさんか、写真奥のスタンダードなバニーボディを組み立て時に選択できるコンパチキットになっています。
ちなみに以前のVerはこちらにあります。

Pilot_compatibleasuka1

Pilot_compatibleasuka2  Pilot_compatibleasuka3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『メガテクボディ』さん「向坂環」

タマ姉2連発サクっと行きます。

今回は『メガテクボディ』さんです。『To Heart2』より「向坂環」スケールは1/8です。
ブルマー姿と制服姿のコンパチキットです。随分と雰囲気がかわるものです。
ブルマー+ニーソは新たな絶対領域の誕生かとか(^^;。
この作品は秋以降のイベントでは別々のキットとして頒布されるらしいです。並べたい人には朗報ですね。

Megatech_tama1

Megatech_tama4

Megatech_tama2  Megatech_tama3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『うどん工房』さん「向坂環・水着Ver」

映画『スーパーマン リターンズ』の先行上映を観てきました。
あまり期待していないと自分自身では思っていましたが、よく考えれば先行上映の初回に行くからには結構期待していたのかもしれません。
いざ上映が始まり、オープニングで懐かしのメインタイトルが流れただけでもう感無量ですよ(^^;。
160分の上映時間が長く感じられず面白かったです。
今の世の中、複雑な世界情勢の中、悲しい出来事や事件はいくらでもありますが、こんな世の中だからこそ人種や宗教などを超越した純粋なスーパーヒーローが必要だと思います。例えフィクションだとしてもね。いや、フィクションでも最近はそんな純粋なヒーローはめっきり減ってるじゃないですか・・・・。お帰りスーパーマン

さてさて本題です。今回は『うどん工房』さんです。
To Heart2』より「向坂環・水着Ver」です。スケールは1/6
うどん工房さんの前作のタマ姉はスタンダードな制服姿でしたが、今回は水着姿!体から浮いた肩ひもが悩ましい艶姿ですね。今回は顔の表情が良い感じです。

Udonkoubou_mizugitamaki1

Udonkoubou_mizugitamaki2  Udonkoubou_mizugitamaki3

Udonkoubou_mizugitamaki4  Udonkoubou_mizugitamaki5

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『造形結界』さん 十六夜咲夜「殺人ドール」

コミケ発でリリカルなのはTVアニメ続編制作決定の報せが、現在は公式サイトにも反映されているようです。
3rdシリーズの副題は「StrikerS」ですか。きっと八神家率いるサッカーチーム「チームヴォルケン」と、なのはの父率いる「翠屋JFC」との熱い戦いを描いた少林サッカーばりの新機軸、魔法サッカーアニメに違いない(それは無いだろ(^^;)
実際のところストライカーズの単語から連想するものは彩京のシューティングゲーム『ストライカーズ1945』とか『ストライクイーグル』でしょうか(偏りすぎ?(^^;)とにかく物騒なイメージです(笑)
こうして続編が見られるのは素直に喜ばしい事なのですが、パワーバトルが青天井状態になり、作品自体が白々しくなった過去のジャンプ系作品を思い出すにつけ一抹の不安がよぎります。A'sのエピローグが綺麗でしたから余計にそう思ってしまいますね。杞憂に終わると良いのですが。

さてさて今回は『造形結界』さんです。神戸では初めて見たディーラーさんかも。
モチーフとなったキャラクターですが最近はガレージキットでもよく見ますが『上海アリス幻樂団』の同人弾幕シューティングゲーム「東方シリーズ」より「十六夜咲夜(殺人ドール)」です。サイズ的には1/7程度でしょうか。
この咲夜さんは、紅魔館に住むレミリアに仕える完全で瀟洒な従者。メイド長で特技はナイフ投げで時間を操る程度の能力を持つ、とプロフィールが丸分かりの造形と展示方法でビックリです(笑)
メイドの必須アイテム?モップを軸にワイヤーを通し、ナイフを螺旋に配置するなんて自分はちょっと思いつかないです。位置によって刀身の長さが違うのも芸が細かいですね。
キットは全部で100パーツあるそうで、運良く買えた人は色々な意味で頑張ってほしいところです。

Zoukeiketsukai_sakuya1_1

Zoukeiketsukai_sakuya2_1  Zoukeiketsukai_sakuya3_1

何となくセピア調にしてみました(^^;。
例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『4XO7』さん「涼宮ハルヒ」「シャナ・浴衣ver」

一部の世間様はコミケらしいのですが、縁がないので大阪に留まっています。どうせ会社も休みじゃないので。
でもワンフェス合わせで里帰りしますからその際には更新を休ませて頂きますよ~。
WHF神戸の写真は少ないのでそれまでにはある程度終わる・・・かな。

さてさて今回は『4XO7(フォークソナー)』さんです。淡い色使いの仕上げが綺麗だなぁと思っていつも見ています。

こちらは『涼宮ハルヒ』シリーズより1/7スケール「涼宮ハルヒ」です。
軽快なポーズが印象的です。ザ・スニーカー16年12月号の表紙イラストがモチーフらしいですね。

4x07_haruhi1

4x07_haruhi2  4x07_haruhi3

こちらは『灼眼のシャナ』より1/7スケール「シャナ・浴衣ver」です。

4x07_shyana1

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ペンギン・カフェ』さん「柚原このみ(メイド服版)」「藤宮凛」

いつも通りガレキと関係ない話ですが、無敵鋼人ダイターン3の「破嵐万丈」役でお馴染みの(当社比)鈴置洋孝さんの訃報を目にして悲しいような、信じたくないような、複雑な気持ちです。
ブライト・ノア役を努めた機動戦士ガンダムはリアルロボットアニメの古典と言ってよい作品ですが、それにしてもまだ当人は56歳、早すぎますよ(T_T)
今までにもマ・クベ役の塩沢氏然り、今年は劇場版Zガンダムにおけるセイラ・マス役の井上遥さんのライブラリー出演を目の当りにして故人を偲んだばかりなのに、またこんなに早く・・・・。心から哀悼の意を表します。

さていつもの本題です。今回は『ペンギン・カフェ』さんです。ある程度探しましたがwebサイトは見つかりませんでした。

こちらは『To Heart2XRATED』より「柚原このみ(メイド服版)」です。スケールは1/8位でしょうか。
わざわざXRATED版を謳うだけあってパンツ履いてないんですね。でも撮ってる間はあまり意識していなかったような(^^;。

Pengincafe_konomi1

Pengincafe_konomi2  Pengincafe_konomi3

こちらは『アリスソフト』のPCゲーム『よくばりサボテン』より「藤宮凛」です。このみとほぼ同じ大きさですね。このみは妹的なキャラですが、こちらの凛は義妹の設定だとか。
ビバ妹天国?。どうやらパンツ履いてないところもこのみと共通かも(^^;。
それにしてもしなやかな雰囲気が良い感じです。

Pengincafe_fujimiya1

Pengincafe_fujimiya2  Pengincafe_fujimiya3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『かぐや姫』さん「森野 苺」「水澄 楓」

スターウォーズ旧三部作のトリロジーDVDはセットで発売後、あっさり廉価版となり、今やワゴンセールに並んでいるぐらいですが、今度は9月にバラ売りするとか。
単品にはデジタル修正を施した従来の「特別編」の他、本来のオリジナル版とも言うべき「劇場公開版」が特典ディスクとして付いてきます。それには何と劇場公開時の字幕も付いてきます。
この字幕、例えばエピソード4においてはライトセイバーが光線剣に。他にも磁力線とかセンスが時代物ですね(^^;。
「フォース」は「理力」と、これは考え方によってはなかなか上手い訳だったと思います。「ことわりのちから」と読むとなかなかに深いような印象があります。

これらのSF用語の訳はずっと後になってLD(レーザーディスクね)で見返した際に変化しており違和感がありました。でもすぐに慣れましたけれど(笑) 
今更の劇場公開字幕ですが、主に懐かしさではありますが見るのが楽しみですよ。
てなことでまたDVDを買いますが、LDの時代だけでもEP4は3種類買いましたから、1つ増えてもノープロブレムですよ。たぶん(^^;

さてさて今回は『かぐや姫』さんです。オリジナル作品も強いディーラーさんですが、見る度におねティ等のPlease!☆作品関連も増えているような気が、深い愛を感じます。

おねがい☆ティーチャー』より1/7スケール「森野 苺」です。
とても◎○歳には見えないボディを完璧に再現しております・・・とか(^^;。

Kaguyahime_ichigo1

Kaguyahime_ichigo2  Kaguyahime_ichigo3

同じく1/7スケール「水澄 楓」ですね。これでおねティ3人娘、水着で揃い踏みですね~。
揃えるならチャンスかも。

Kaguyahime_kaede1

Kaguyahime_kaede2  Kaguyahime_kaede3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『BUBBA&サイコロキャラメル』さん「竹緒ちゃん」

最近無性に新しいカメラが欲しいです。
「ここ何年かはガレキ以外の写真なんかまともに撮っていないし、だったら性能的に今のままで十分じゃないか」という心の声と戦いつつも、新しく手振れ補正を搭載したPENTAXのデジタル一眼K100Dの実機を触ってファインダーの質が我慢できれば買っちゃおうと思ったりするのですが、実機を見たことがまだ無いのですけれど(^^;。

以前は業界の人に混ぜてもらって戦闘機等を撮ったこともあったのですが、その世界に限らずプロは当然としてアマチュアでもカメラはキャン、ニコンです。(オマケに白レンズ)
いやー、ペンタックスなんか使っていると肩身が狭い狭い(^^;。
しかしその度に「ペンタックスで何が悪い」と愛着を深めたのです(笑)
実際、安くて優秀なボディとレンズは道具としての愛着はわきますが、所有を自慢するようなメーカーじゃないですね。逆にその辺が好きな理由の一つになっているのですが(^^;。

なので新型が欲しいと言っても、いまさらメーカーを変える気は無いですね。やっぱり同社の秋以降の新型に期待でしょうか。

さてさて今回は『BUBBA&サイコロキャラメル』さんです。前回の写真はバニーハルヒだけでしたが、よく考えたらこちらも初めて撮影したのでした。
モチーフは『村田蓮爾』さんのイラストより「竹緒ちゃん」です。スケールは1/6
画集と言いますか、フルカラーコミックrobot第4巻の表紙からの立体化ですね。
これまた上手すぎです。目とかどうやって塗ってるのかしらん(^^;。
当日は、かなり遅い時間まで残っていたのですが、欲しくても既に金が無い罠。
後でチャンスがあるかなんて分からないので外に出てお金下ろして買えば良かったかも。

Bubba_takeochan1

Bubba_takeochan2

Bubba_takeochan3  Bubba_takeochan4

Bubba_takeochan5  Bubba_takeochan6

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ナイスでしょ?』さん「高町なのは」

本日分2回目の更新なのでサクっと行きます。

さてさて今回は『ナイスでしょ?』さんの『魔法少女リリカルなのはA's』より「高町なのは」です。って言うか『ねりちゃぎ同好会』さんですか(情報元 ちゃり猫.com様)
ディーラー名が変わっているとは気づきませんでしたが、そういう目で見ると確かに羽根と大胆なポーズによる空間構成はらしいなぁと思います。(気づかなかったくせに(^^;)
魔法使いというより棒術使いに見えてしまう位の迫力ですね ヾ(^^;

Nice_nanoha1

Nice_nanoha2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『チェリー・ブロッサム』さん「翠星石」

超合金騙し魂の戦闘メカザブングルを買いました。結構前からあったようですが、普段あまり興味が無いので気にしていなかったようです。単純に実物が展示してあるのを見て欲しくなったのですが(^^;。
通常の魂よりは小型ですが、コレクションには丁度良い大きさだし、個人的にはこの凝縮感がたまりません。一部差し替えで完全変形もしますが、あまり遊ばなかったりします。
武器などの小物もフル装備で、すっかり忘れていたスキー板なんてのも付属していて笑いました。マニアックですなぁ。この辺の拘りはガレキスピリッツか!と意味不明気味に感心したりして(笑)
てな事で机の上には蒼い閃光、ザブングルが鎮座しているのでした。

さて今回は『チェリー・ブロッサム』さんです。
写真は桜坂美紀氏新作の「翠星石」です。ノンスケールですが、ローゼンメイデンサイズ比でなく通常スケールなら1/7程度という印象でした。
もちろん人気アイテムだった訳ですが、一言で言ってしまうと相変わらず上手すぎです。
わずかに傾げた首とスカートからのシワの流れがすごく綺麗だなぁと。衣装もこれだけ体積があると硬い固まりに見えがちなのに、それをあまり感じさせないのは流石ですねぇ。
髪の流れも流麗です。キットのパーツは見ていませんが、こんな髪本当に抜けるのかと思ったり思わなかったり(^^;。

Cherryblossom_suiseiseki1

Cherryblossom_suiseiseki2

Cherryblossom_suiseiseki3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さがみFC』さん「水銀燈」

先日エスパー魔美のDVD-BOXが届きましたのでしばらく引き籠もりになります。いや、いつも引き籠もっていますが(^^;。
念願の全話ソフトの第1弾ですが、これから少しずつ見るのが楽しみです。

さてさて今回は『さがみFC』さんです。アニメの特別編制作が決定している『ローゼンメイデン』より「水銀燈」です。
キットはノンスケールですが、通常スケールの1/7~1/8程度の大きさに見えました。
背景の赤紫の月が絶妙にマッチしてシンプルですが非常に見栄えのする展示でした。
ベースになっている水銀灯?の発光ギミックは材料を用意して自作するようです。

Sagamifc_suigintou1

Sagamifc_suigintou2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ONe』さん「シュレディンガーの猫耳少女」

ちょっと前の話になりますが、東京おもちゃショー2006にてGSIクレオスよりさわたりけんじさんの「シュレディンガーの猫耳少女」の商品展開について発表があったそうです。これは後述のガレージキット版とは別の新作となるようですが、商品の形態としては気軽に完成できる塗装済みキットと云うちょっと変わった新展開のヴィネットクラフトとして発売されるらしいです。
これはライトユーザーを取り込み、同時に手を動かして作る楽しさを提供しようという事なのでしょうか。確かに塗装は色々な意味でネックでしょうから、それを取り除いて潜在的な模型人工を増やす取っかかりになったら面白いですねぇ。
まあ、一方でフィギュア作りにおいての最大の楽しみは塗装だと思うのですがね~(^^;。

ついでにもう少しGSIクレオスのネタです。
VANCE PROJECTブランドより発売され、長らく品切れになっていた「Keiちゃんの塗装ガイド基礎編」が増補改訂版となって8月下旬に重版されるようです。今度こそ買えるかな?。でも当然初回限定版の特典だったKeiちゃんフィギュアは付いていませんが(T_T)

シリーズ2冊目となる「ナナちゃんのフィギュア工作ガイド」が11月発売決定?つーかまだ出ていなかったのか(^^;。
初回限定版にはナナちゃんフィギュアが付くそうです。目新しい事は書いてないのかもしれませんが、リペイントの参考にもなるそうなので完成品ユーザーの方にも役に立つかも?・・・・とか。

さて本題ですが『ONe』さんの「シュレディンガーの猫耳少女」です。スケールは1/10でシリーズ化されているようです。ヴィネットなので小物を組み合わせたり共用化出来るのも嬉しいところではないでしょうか。
風変わりなタイトルはシュレーディンガーの猫からイメージしたものだと思うのですが、不確定性原理やら哲学的命題を想起させるのも面白いアイディアだと思いました。

こちらは最初にお目見えした作品で体験アルファ版「はじまりの夜 アーヴィ&レッティー」です。
ちなみに一連の作品、塗装したものは初めて見たような気がします。
この写真に限った事ではないのですが、ストロボ焚いていい加減に撮っていますので実物のイメージと違い、硬調に写りますのでその辺は適当に割り引いて見て頂けると助かります(^^;。

Schrdinger_alpha

こちらは体験デルタ版「月祀のイヴ モネカ&ピリカーシュ」です。本当に小さくて可愛い作品です。背景の本棚はペーパーですが、今回は付属していたようです。

Schrdinger_delta

こちらは本編1stseason「炬人の住む園 召徒(メード)のエノン」 です。
華奢なイメージが良いですね。ペーパークラフトと金属製のお皿が付属しているようです。
全てのキットには瞳デカールが付属しています。

Schrdinger_1stseason

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アミエ・グラン』さん「バニーほたる」「バニーせつな」「鉄子(あいこ)・お嫁にいけないver」

昨日はヨドバシ梅田に行ったのですが、玩具・ゲーム売り場がいつの間にかB2Fへ移動していてビックリ。まあ、以前の5Fよりは利用しやすいかな。
一回りしてとりあえずリボルテックのキングゲイナーが無かったのでパス。山積みになっていたエヴァシリーズは好きなのに買う気が全く起こらないのは何故だろうか(^^;。リボルテックは9月のイングラムに期待しています。

さてさて今回は『アミエ・グラン』さんです。

こちらは美少女戦士セーラームーンシリーズより1/6スケール「バニーほたる」です。
◎学生にこんな格好をさせて良いのでしょうか。って言うかありえませんが、そこはガレキならではの夢幻のファンタジーが広がっています(笑)
ちょっと恥じらいが入ったような媚々な雰囲気が何とも良い感じですねぇ。

Amie_bunnyhotaru1

Amie_bunnyhotaru2  Amie_bunnyhotaru3

Amie_bunnyhotaru4  Amie_bunnyhotaru5

こちらは同じく1/6スケール「バニーせつな」です。思えば、アミエ・グランさんはせつなとほたるのガレージキットが多いですね。人気キャラだからでしようか。まあ、原型師さんでハッキリカラー分けされているとも言いますが(笑)
このせつなは、ほたるとは違い成熟した?魅力を振りまいていますね。

Amie_bunnysetsuna1

Amie_bunnysetsuna2

こちらは『錬金3級まじかる?ぽか~ん』より1/8スケール「鉄子(あいこ)・お嫁にいけないver」です。
今回は版権許諾ならず展示のみでした。次回は是非とも期待したいところです。
あいこも良いですが、パキラもお願いしますとか言ってみたりして(^^;。

Amie_aiko1

Amie_aiko2

Amie_aiko3  Amie_aiko4

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『安眠ガレキのばぁー』さん「涼宮ハルヒ」「鈴仙・優曇華院・イナバ」

劇場アニメ『時をかける少女』を先週と今週で2回見てきました。
タイアップものの元祖とも言える角川制作のくせにTV局のタイアップがない為なのか、極端に公開劇場数が少なくて正直嘆いたのですが・・・。
でもこれで良かったんだろうなぁと思います。何故ならば説明的な台詞や描写が極限まで削ってあるると思えるからです。こういう作りはTV局とのタイアップありきではあり得なかったでしょう。
強力な横槍が入るとまるでベタな恋愛もので正反対なものが出来そうですから(^^;。
ある程度ですが、見る人のイマジネーションに委ねている部分があるという事ですね。
非常に面白かったのですが、前述の理由で何でも説明して欲しい人には不向きな映画ですね(^^;。
でも名画として名を残すと思いますよ。

さてさて今回は『安眠(あみん)ガレキのばぁー』さんです。

こちらは『涼宮ハルヒの憂鬱』より「涼宮ハルヒ」です。大きさ的には1/6位でしょうか。
髪の毛が凄い事になっいるなぁと思ったら12パーツもあるそうです。
無駄に力強く自信に溢れたポーズが素敵です。ハルヒと言ったらやっぱり団長マークの腕章ですよね(笑)

Amin_haruhi1

Amin_haruhi2  Amin_haruhi3

上海アリス幻樂団』さんの弾幕シューティングのキャラクター「鈴仙・優曇華院・イナバ」@うどんげです。スケール的には1/7前後でしょうか。
やはりパンツに惑わされてイマイチ良いアングルで撮れていない気が(^^;。
今回は本当に集中力が無かったなぁ。

Amin_udonge1

Amin_udonge2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ゆうなぎ人形館』さん「鈴仙・優曇華院・イナバ」

眠いのでサクっと行きます(^^;。

さてさて今回は『ゆうなぎ人形館』さんの新作でスケールは1/8です。
上海アリス幻樂団』さんが制作している同人弾幕シューティングケームに登場したキャラクターで「鈴仙・優曇華院・イナバ」(れいせん・うどんげいん・イナバ)愛称は「うどんげ」です。月の兎の一匹だとか。
何となく解説していますが、実は未見のゲームなので今度「東方永夜抄」か「東方花映塚」購入してみます。

生足のラインが妙に可愛いです。
あ、縞パンに惑わされて良いアングルで撮れませんでした(あわわ)

Yunagi_udonge1

Yunagi_udonge2  Yunagi_udonge3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『カルガモ』さん「霧雨 魔理沙」

イベントで撮影したガレージキットの写真をひたすら整理している当ページですが、今回のWHF神戸24の写真は少なめです。と言っても20日のワンフェスまで日にちもないのでサクサク行きますかね。
今回SDカードを2G追加ましたから合計9Gあれば次は残り枚数の心配をせずとも思いっきり撮れそうです。しかし2Gで6,500円ですか、しばらく買わなかったらSDカードの凄い値下がり具合に驚きです。

さてさて今回は『カルガモ』さんの「霧雨 魔理沙」です。
上海アリス幻樂団』さんの同人弾幕シューティングゲームに登場するキャラクターですが、ピンク・黒の配色具合を見ると『黄昏フロンティア』さんのMegaMari魔理沙の野望っぽくも見えます。
雰囲気とか、口元の表情がいかにも魔理沙っぽく魅力的でございます。

Karugamo_marisa1

Karugamo_marisa2

によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ローズウィップ』さん「水銀燈」

例のバニーハルヒですが、販売開始の遅れは商品の準備が間に合わなかった為だそうです。
タイトなスケジュールで200個も準備して頒布してくれただけでも有り難いことだと思うのですが、実際は周辺への影響も含めてさぞや難儀だったと思います。
ん~買えなかったら縁が無かったと諦めるのも1つの方法なのですがね。
てなことでいつもは見ないのですが、今回ばかりはヤフオクをチェックしています。
あ~結構出てるぞ、全体の1割越えるのか・・・。

さてさて今回は『ローズウィップ』さんです。原型を制作された『WisdomHeat』さんの委託先です。
この水銀燈ですが、以前の雛苺と同スケールですが、等身の違いもあって結構なサイズの違いがあります。大きさ的には薔薇乙女スケールでなく普通の表記ならば1/10~1/12程度という感じでしょうか?
そういえば↑の雛苺はイベント限定のコールドキャスト完成品として頒布が予定されているようです。欲しい・・・・と思ったらキット持ってるのでパス(^^;。

Wisdomheat_ginsama1

Wisdomheat_ginsama2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページに戻って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »