« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

『Ground Zero』さん「モア殿」「セイバー」

以前はDVD-BOXの全集形式のみで販売されていた宇宙大作戦(スタートレック・TOS)が分売されて更に廉価版が出たので(ややこしい)いよいよ買いましたですよ。
約20年ぶりに見ましたが、懐かしいと言うよりは新鮮です。それってほとんど覚えてないとも言う(笑)
もう40年前のSFドラマですが、ビデオ(マット合成か)合成を駆使した宇宙空間の特撮は同時期の日本の特撮と比べると随分違うモンだなぁと思いつつ見ています。日本はとにかくミニチュアワークでもんね。

この年代に制作された特撮ドラマに出てくるコンピューターと言えば、モニターなんか無くて紙テープに孔を開けて出力したものを読み取るシーンがありがちでしたが、スタートレックではちゃんとモニターがあるんですよね。当時としては結構未来的なビジュアルだったと思うのですが、今では当たり前の事です。しかも最近のPCは液晶でモニターが薄いし。
それから手の平サイズの携帯式通信機も今では当たり前ですね。多機能な携帯電話という形で普及しまくってます
そう考えると現代は小道具等は部分的に昔のSFを追い抜いた感もありますが、ワープと転送装置はいつ実現するのでしょうかねぇ。こればかりは無理なのでしょうか。等と取り留めもない事を思う今日この頃でした。長々とスミマセン(^^;。

さてさて今回は『Ground Zero』さんです。以前夏美を買ったせいかもしれませんが、ラインナップ的に何となく吉崎観音キャラが目立つ感じのディラーさんです。

こちらは『ケロロ軍曹』より「アンゴル・モア」です。
何て言うファッションなんでしょうか。分らないからローリタで良いですね(^^;。
原作の設定のままガン黒女子高生風に塗装したら全く似合いそうも無い衣装ですが、これはバッチリ似合ってモア殿らしい純真さが出ているような気がします。
そう言えば原作とアニメでは地球人タイプモア殿誕生の経緯が180度違いますね。

Groundzero_rorimoa1

こちらは見ての通りゴスロリですか。スケールは1/8くらいでしょうか。

Groundzero_gosmoa1

こちらは説明不要のセイバーさんですね。鎧も剣も装備して凛々しく見えるのは普通ですが、可愛いらしく見えるのはこれも造形の力でしょうか

Groundzero_saber1

Groundzero_rorimoa2  Groundzero_gosmoa2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ムサシヤ』さん「ミハル」「朝倉音夢 猫ver」

いつものように脈絡はありませんが、5年に一回くらいの頻度で二昔以上は前の映画「クラッシャージョウ」が見たくなるのですが、実家からLD(レーザーディスクね)を持ち込むのは現実的でない為DVDを購入する事に。しかし今更14,000円も出して国内版を買うのもイヤなので北米版のリージョン1デスクを輸入。送料を入れても約3,600円ですから激安ですね。あ、当然正規品ですよ。
早速再生しましたが劇場版はヌルヌル動いて気持ちよいですね。巡洋艦コルドバの90度回頭は心が和みます(いや、意味分かんないし)
欲しくなかったけれど6年後に発表されたOVA2話も付属しているのですがこっちはどうでも良いな(^^;。
痛快なスペースオペラ(アニメ)が何となくもっと見たい今日この頃。最近の作品で何か面白いがあったら教えて下さい(笑)

さてさて今回はワンフェス2005冬の『ムサシヤ』さんにて頒布されたイベント限定品です。

こちらは1/6スケール『GIRLS ブラボー』よりヒロインの「ミハル」です。

Musashiya_miharu1

こちらは1/6スケール『DC ~ダ・カーポ~』より「朝倉音夢 猫ver」です。

Musashiya_nekonemu1

Musashiya_miharu2  Musashiya_nekonemu2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『あらあらこまった堂』さん「アンゴル・モア殿」「日向夏美」

放映を見てないのに涼宮ハルヒの詰合という劇中歌集シングルを聞いて喜んでおります。
劇中歌と言いつつどんなシチュエーションで使われたのか分らないのですが、ハルヒ役の平野綾たん。普通に良い声が出るので少々感心しました。

で、DVDにて朝比奈ミクルの冒険も視聴。この話だけは以前圧縮動画で見てその時は気づけなかったのですが、改めて見ると画像そのものにノイズが付加されていかにも素人制作っぽい画質になっているんですね。しかも最後の方まで一貫して画面が4:3だし(^^;。
全編に溢れるヘタレなアマチュアリズムに加えて良くできているなぁとホント感心しました。

一流の技術で素人映像のパロディを面白く見せると云う通常のコンテンツでは味わえない感覚に大笑いでした。

さてさて今回はまた変則的ですがワンフェス2006冬からです。
あらあらこまった堂』さんの作品です。原型はあらけんさんの作品です。

こちらはアンゴル・モア殿ですね。スレンダーな肢体でルシファースピアを振るう姿が凛々しく良い感じです。

Arakoma_moadonoa

Arakoma_moadonob

日向夏美スク水Verです。しかも旧タイプですよと言ってみる(^^;。
基本的にアニメ版だと思うのですが、原作版と折中的なプロポーションが良い感じです。

Arakoma_natsumia

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『STick』さん「伊藤乃絵美」

DVDで観賞していたリリカルなのはA'sが6巻で完結しました。全編熱い展開でしたが、ついに12話では敵だったチームが共同戦線を張り、メチャクチャな連続コンボを入れるところは涙物です。
最終話でエピローグに1話使うのは前シリーズと同じですが・・・・6年後、なのは達のババア成長ぶりも驚きですがクロノ執務官の声変わりにびっくり。14歳でも声変わりしてなかったのね(^^;。

さて本題ですが、今回もちょっと古めの画像です。ワンフェス1999年夏の写真から。これもネガフィルムです。

さてさて今回は『STick』さんです。好きなディーラーさんの一つなのですが、この頃は既に人気ディーラーさんでしたので以降最近まで買えてませんね。これからもゲームキャラを造形されると思いますので楽しみに待つ事にします。(んで縁があったら買わせて頂くと(^^;)

カクテルソフトのPCゲーム『With You ~みつめていたい~』より1/6スケール「伊藤乃絵美」です。

Stick_noemi2

Stick_noemi1

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『リューノス』さん「ベルダンディー&ホーリーベル」

時々過去の有名キットを扱いたくなるので本日はそんな感じで。
HDDの肥やしも在庫が少ないので実家からネガとフィルムスキャナーを持ち込んで新しい(と言うか古い作品(^^;)ネタを仕込みたいのですが、関東の実家に行のは夏のワンフェスまでお預けかな・・・・。

さてさて今回は『リューノス』さんの「ベルダンディー&ホーリーベル」です。
原型師は竜人さんです。ノンスケール扱いですが、おおよそ1/5前後のスケールでしょうか。

この作品は前にも扱いましたが、今回は別カットで。ワンフェス1996夏の1コマからです。丁度10年前ですが、御本家HPの作品リストによりますと、ベルダンディを1994年制作、守護天使ホーリーベルの部分を1995年に発表されたようですので軽く10年以上前の作品になりますね。今見ても作風に古さを感じさせない印象です。。10年一昔とはよく言いますが、竜人さんは世代を超えたトップランナーと言えるかもしれませんね。

Ryuns_belldandyholybell

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。(今回はいつもより少し大きいです)記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『いなばや』さん「サンタバニー・あいすさん」

現在の特技はまぶたを閉じると弾幕が脳裏に浮かぶ事でしょうか(^^;。
全く役に立たないばかりか、他人からは全く認知されない特技です。いや、特技とかじゃなくて単に東方紅魔郷の影響ですね(笑)
でも毎日1~2プレイ遊んでいますがちっとも上達しません。まあ、面白いので全く構いませんが。

さてさて今回は『いなばや』さんです。いなばやさんと言えばバニーさんですが、最近は「りディア」と言うオリジナルバニーさんのPVCスタチューが発売されたりもしています。
当ページ内でも1997夏のワンフェスにセーラーバニさんの画像がありますから本当に筋金入りという感じでしょうか。

1/8スケール「サンタバニー・あいすさん」
瞳デカールと網タイツが付属しているようです。あとバトン用の真鍮腺とか。
何となく袋の中身が気になります(^^)

Inabaya_aice1

Inabaya_aice2  Inabaya_aice3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『カルガモ』さん「アリス・マーガトロイド」「十六夜咲夜さん」

今回はWHF名古屋6からです。今更と言われそうですが東方シリーズからです。先日東方紅魔郷をヘボヘボな感じでクリアーしたので何となく。しかしプラクティスモードでぼちぼち練習プレイしているのですが全然上達しませんなワシ(^^;。

さてさて今回は東方シリーズを多数頒布されている『カルガモ』さんです。
元ネタになった作品である東方シリーズは同人ゲームですが、オフィシャルな絵はあるものの、比較的自由なイメージで造形されている方が多い作品に見受けられます。
カルガモさんの作品はスマートで可愛く良い雰囲気で造形されているなぁと見ていました。

こちらは「アリス・マーガトロイド」種族魔法使いで人形師だとか。

Karugamo_alice1_1

Karugamo_alice2_1

こちらは「十六夜咲夜さん」紅魔郷的には紅魔館に住むメイド長で5面のボス

Karugamo_sakuya1_1

全体的に写真のコントラスト上げすぎたかも(^^;。

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『VISPO』さん「Morte」「DIANA」

昨日まで仕事が休みでしたが、映画「ポセイドン」を見た後に神戸まで足を伸ばし三宮周辺をウロウロしてきました。この辺はオタグッズ色々揃ってますね~。引っ越して以来ですから半年振り近くになりますがオタクなグッズを物色してきました(^^;。
で、某同人ショップにて「東方紅魔郷」を購入してレッツプレイ。シューティングゲームやるの10年ぶり位?
弾幕の厚さにビビリましたが見た目よりは簡単・・・・でもノーマルモードにて残機とボム増やしまくり&コンティーニューで残機ゼロの状態で何とかクリアー。・・・・でもコンティーニューするとバットエンディングなのねorz
ノーコンティニュークリアーは無理っぽそうですが、面白かったのでもう少しやりこんでから他の東方ものを仕入れたいと思います。
つーかこれでガレキを見ても謎だったキャラがいくつか分りました(笑)

さてさて今回は『VISPO』さんです。オリジナルキャラでスケールはそれぞれ1/7に設定してあるようです。一時期は通販も受け付けていたようですね。この辺は自由に展開できるオリジナルの強みでしょうか。

Vispo_dianamorte1

悪魔的なイメージのモルテさん。蠱惑的な仕草と表情が良いです。
あと乳丸出しなところとか(爆)

Vispo_morte1

Vispo_morte2  Vispo_morte3

こちらは天使の「ディアナ」さん。モルテさんもそうなのですが、2配色でサンプルを作成されたようです。やはり黒が良いですね。
服はクリアパーツで当然着脱可能ですが、黒にすると妖艶さがより一層増すような。天使らしさは減少しそうですが(^^;。

Vispo_diana1

Vispo_diana2  Vispo_diana3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『グッドスマイルカンパニー』さん

去年からローゼンメイデンのコミックを買ってますが、9月発売の最新刊Rozen Maiden (7) 初回限定版は真紅のPVCスタチューが付くらしいですね。
最近オはタク系の店舗へも出向かないしロクに情報も集めていませんので友達から教えてもらうまで知らなかったのですが。
・・・・6cm。小さ!。先日買った「ながされて藍蘭島」8巻の限定フィギュアより小振りですね。原型はガレージキット的には『ASCI L.E.D』の緋路さんだそうで。まさかこんな形で真紅のPVCが手に入るとは思いませんでした。コミック本の特典としては少々お高い印象でしたが予約しました(ちなみに予約締め切りは6月25日)

てな事で今回PVCネタ振りつながりで番外編です。『GOOD SMILE COMPANY』さんのブースから。今更ですがとりあえず現在未発売のものをいくつか集めてみました。
ちなみにこのブースで電人ザボーガーのソフビ人形買いましたよ(^^;。

こちらは『GOOD SMILE COMPANY』さんの1/7スケール『おねがい☆ティーチャー』より「風見みずほ」です。人気者ですな。予定通りに8月発売なら水着は時期的に適当ですが、さて。

Goodsmile_mizugiho1

こちらは『ユニゾンシフト』のPCゲーム『WAGA魔々かぷりちお』より1/8スケール「メリッサ・セラフィ」パンプキンスカートは外せるらしいですよ(^^;。

Goodsmile_capuchi2

こちらは『MAX FACTORY』さんの『あまえないでよ!』より1/6スケール「南部 千歳」法衣から醸し出される背徳的なエロチシズムを狙ったのでしょうか(^^;。「EXボンテージシステム(仮称)」搭載で数珠は自由に巻き付けられて服はキャストオフ出来るらしいです。で、Amazonのページ見たら18禁のアダルト商品になってたので少々驚きました(笑)
確かにアニメを見てると半裸の場面も多いし、この形態で商品を出すのも当然の流れなのかもしれませんが一般扱い作品のグッズを18禁扱いで出すなんて節操ないよなぁ・・・・。

Max_chitose

同じく『錬金3級まじかる?ぽかーん』より1/7スケール「ゆうま」だそうです。
元ネタ全く知らなかったのですが、平田雄三氏のデザインで総作画監督ですか。ちょっとアニメ見たくなりました。

Max_renkin

こちらは『ALTER』さん『ユニゾンシフト』のPCゲーム「Peace@Pieces」より1/8スケール「ヒカル(死神装束Ver.)」です。

Alter_hikaru

Goodsmile_mizugiho2  Goodsmile_capuchi1

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『ユキシロ』さん「光箭の煌」「切風の斬」「きりかの朝」

SONYから発表されたデジタル一眼レフα100について書こうと思ったらつまんない文章になったので文末に移動しました。えっ、いつもつまんないって(T_T)
ちなみに私はSONYにはそれなりに投資しております(^^;。

さてさて今回は『ユキシロ』(HopeHole)さんです。オリジナルデザインのガレージキットを頒布されていました。クリアパーツの使い所が上手い作例は動きのあるポージングも含めて全体の面構成が巧みで完成度が高く見えました。

こちらはSHINGU「光箭の煌」(こうせんのキラ)です。

Yukishiro_shingu1

Yukishiro_shingu2

こちらはSHINGU「切風の斬」(せっぷうのザン)です。

Yukishiro_shingu3

こちらは「きりかの朝」です。

Yukishiro_kirika1

Yukishiro_shingu4  Yukishiro_kirika2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

続きを読む "『ユキシロ』さん「光箭の煌」「切風の斬」「きりかの朝」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さがみFC』さん惣流 アスカ ラングレー プラグスーツVer

本日は記事紹介のお礼からです。『Blue Crescent』様に先日の記事「硫黄泉」さんの「GALZOOアイランド 中華てんてん」を紹介して頂きました有り難うございます。
Blue Crescent』様ではボークスの「ロストエンジェルス 志野」と同「ロストエンジェルス 茜理」の記事アップです。模型からミクロマンからドールまで相変わらず幅が広いですね~。私は最近のトイでは『着ぐるミクロマン』を買おうかと思ったくらいですかね。
悩んだ末買いませんでしたが(弱

さてさて今回は『さがみFC』さんの「惣流 アスカ ラングレー プラグスーツVer」です。スケールは1/6のようです。
写真のように仰向けの姿勢ですが、床置きではなく空中に浮いた状態で展示してあり、髪は重力を感じる造形でちょっと珍しいかもしれません。プラグスーツのように非日常なデザインの衣装と相まってちょっと不思議な印象を受けます。
この作品、通販も用意していたようですが速攻で品切れになってしまったようです。

Sagamifc_plugasukav11

Sagamifc_plugasukav12  Sagamifc_plugasukav13

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『くろすぽいんと』さん「PRINCESS CROWN」「コトナ・エレガンス」「怪獣王女」

6月6日に初日のオーメン見てきました。更に1000年に一度の6年ですから見事に獣の数字666揃い踏みでしたね(笑)
ちなみにシネコンの6番スクリーンで上映でしたから、この際6列の6番席で見れば・・・本当に呪われそうだ(^^;。
映画の方は割と忠実にリメイクされたようでなかなか良かったです。画面よりは音にビックリしたかな。

さてさて今回は『くろすぽいんと』さんです。2006冬のワンフェスにも参加していたようですが見逃していたようです。

こちらはアクションRPG『PRINCESS CROWN』より「グラドリエルとプロセルピナとお供のセット」だそうです。スケールは分りませんが1/12位に見えました。結構小さいです。
セットなのがポイント高いですね。良い雰囲気です。

Crosspoint_princesscrown1

Crosspoint_princesscrown2  Crosspoint_princesscrown3

こちらは『ゾイドジェネシス』より「コトナエレガンス」です。スケールは1/8前後でしょうか。どことなく優しげな表情と雰囲気を感じます。

Crosspoint_kotona1

こちらは『アリスソフト』の人気RPGランスシリーズより「怪獣王女」です。これも1/8前後ですかね。ニーソでぷにぷにの脚やボディラインが個性的で良いですなぁ。

Crosspoint_kaiju1

Crosspoint_kotona2  Crosspoint_kaiju2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『火星大王飯店』さん「ネネ・ハンプデン」

愛佳たんが届いてから更新を休んでいる間にも毎日のようにフィギャーが届いてました。時期が重ならないように買ったつもりでも何故か重なってしまう不思議(^^;。
内訳はアルターのなのはたんとか、ユージンのアリスたんとか、ARIAのソリッドワークコレクションとか、その他にも月イチのヨドバシ詣でにてテッサたんレースクイーンVer(白)とかも買ってるし、ちょっと前は海洋堂の「リボルテック」ゲッター1とかも買ってる。
これだけの発売点数の中ではキリが無いから完成品はあまり買わないようにしようとか書いてもこりゃ説得力ゼロですわ(^_^;)

さてさて今回は『火星大王飯店』さんの「ネネ・ハンプデン」です。ノンスケールサイズですが一応1/8程度でしょうか。キャラクターのイメージが伝わる感じでなかなか可愛く造形されていると思いました。「人工脊髄」さんの原型です。
WHF神戸23ではどうやら「ON THE MOVE 3:05」さんにて委託販売されていたようです。そう言えばこのキットはグッズ販売の中に埋もれて見落しそうになった気がします。入り口からあんなり近かったのに(^^;。

キャクターの元ネタ的には『光画堂スタジオ』の一般向けPCゲーム「蒼い海のトリスティア」シリーズに登場するキャラクターです。OVAとしても展開しました。

Kaseidaiou_nene1

Kaseidaiou_nene2  Kaseidaiou_nene3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『硫黄泉』さん「中華てんてん」

結構更新の間隔が空いてしまいました。体調がローテンションでPCの前に座ると眠くて何も出来ない感じです。目だけ開いている感じですかね(^^;。まあ、体調が悪いという程ではないのでぼちぼち行きたいと思います。
本当は次のイベントまで余裕があるので過去の銀塩ネガ写真を扱いたいのですが、肝心のネガとスキャナーは実家に置きっぱなしなのが残念なところです。

え~。記事紹介のコメント等からです『Blue Crescent』様に先日の記事T's systemの「桃華月憚 顔のない月II 川壁桃花」と「ToHeart2 小牧愛佳(下着版)」と「ToHeart2 向坂環 着替え中」と「With you ~みつめていたい~ 伊藤乃絵美」と「D.C.~ダ・カーポ~ 朝倉音夢」を紹介していただきました。いつも有難うございます。
Blue Crescent』様におきましてはバンダイの「LM 機動新世紀ガンダムX Gファルコン」を紹介されています。ちなみに私はガンダムXのリミテッドモデル自体知りませんでした。少々懐かしいアイテムなので知らない方、記憶が薄い方もご覧になってはどうでしょうか。

さてさて今回は『硫黄泉』さんの「中華てんてん」です。WHF神戸23にて初お目見えした新作です。
元ネタは『アリスソフト』の「GALZOOアイランド」というPCゲームだそうです(注:18禁)
中華料理が得意な女の子モンスターだそうです。ガンダムハンマー鉄球が武器だとか(^^;。
zenkoさんの作る女の子はいつもスタイルが良くて色っぽくて可愛いですね~。最近大人し目の立ちポーズが目立ちましたが、これはサービス満点のポーズですよ?。でも見る角度は限定されるのかな。
最近のzenkoさんの商業原型での注目株はやまとの孫策伯符ですかねぇ。PVCスタチューですが胸のパーツがふにふにらしいのです。でも、やまとだからなぁと言ってはいけないのでしょうか(^^;。がんばれ>やまと

Iousen_chinatenten1

Iousen_chinatenten2  Iousen_chinatenten3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »