« 『Experten』さん「高町なのは」「八神はやて」「フェイト・テスタロッサ」 | トップページ | 『白い壁と黒い猫』さん「まぁびっくり」 »

『e-flick.kit』さん「大庭詠美」「高瀬瑞希」

ダ・ヴィンチコードの文庫を求めて入った本屋に本当は週明け発売らしい「ながされて藍蘭島 8巻 初回限定特装版」があったので思わず買ってしまいました。全然知らないコミックですが(^^;。特典のあやねフィギャーに釣られただけとも言う(笑)

それからエネループについて書こうと思いましたが思ったより長くなってしまいましたので最後に回しました。

さてさて今回は『e-flick.kit』さんです。
こみっくパーティー」より「大庭詠美 制服版」です。新作でした。この角度が一番良かったような気がします。
足蹴にされた「バロンよしお」とやらが気になります(^^;。

Eflickkit_eimi1

Eflickkit_eimi2  Eflickkit_eimi3

再販の「こみっくパーティー」より「高瀬瑞希 春服版」です。チラ見えのオヘソが良いですねぇ。

Eflickkit_mizuki1  Eflickkit_mizuki2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

まあ、このページ、単に撮影してきたガレキアルバムなので何も書かなくても構わないのですが、何となく以前ちょっと触れた充電式乾電池『エネループ』を実際に使った話でも。
ちなみに当方、外付けストロボは当然としても、一眼デジカメ、コンパクトデジカメの電源は全部単三乾電池で統一してあります。単三乾電池信者なのか?(^^;。

エネループはパッケージを見る限りではニッケル水素電池ですから従来の充電池と同じかと思いつつも、宣伝通りに良好な性能を見せました。
以前も書きましたが、従来のニッケル水素電池は自己放電が激しく、フル充電のまま2週間も放置するとほとんど使い物にならない状態でしたが、エネループは買ってきてパッケージを開けたらすぐ使えます。つまり放電がほとんど無いんですね。実際パッケージから出したままの状態で充電もせずWHF名古屋の後半からWHF神戸23の最後まで1ヶ月の期間でトータルで800枚ほど撮影してカメラの電源ゲージは減らないまま2つのイベントが終了しました。

ただその特性は少々クセがあるようでして、500枚を越した辺りからデーターをSDカードに書き込んでいる最中に電源ゲージが減るようになりました。でもすぐに戻るんですね。
で、700枚辺りでゲージがのメーターが目一杯下がって強制的に電源OFFになりました。
とりあえず1分ほど放置したらゲージが復活(^^;。そのままあと100枚ほど撮影してイベント終了まで使いました。
どうやら継続して使用すると一時的に電圧が下がるようですね。同様の傾向はアルカリや従来型のニッケル水素電池でもありますがここまでタフじゃありません。復活しても数枚撮影できれば良い方ですから。

エネループを使って撮影中、データー書き込みの途中で電源が落ちてデーターがお釈迦になったと言う書き込みを某所にて見ましたが本当かもしれません。相当にタフで最後の方まで電圧を一定に保つ性能もありますが、なるべく早めの交換は肝要かと思いました。

|

« 『Experten』さん「高町なのは」「八神はやて」「フェイト・テスタロッサ」 | トップページ | 『白い壁と黒い猫』さん「まぁびっくり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11783/10154629

この記事へのトラックバック一覧です: 『e-flick.kit』さん「大庭詠美」「高瀬瑞希」:

« 『Experten』さん「高町なのは」「八神はやて」「フェイト・テスタロッサ」 | トップページ | 『白い壁と黒い猫』さん「まぁびっくり」 »