« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

『oba』さん「萩野可奈」

いや~今日は疲れました(^^;。
本日のWHF神戸23どうやら偽札事件があったようで開場後10分程度で入場口を封鎖、警官が出入りする事態になり、一時はどうなる事やらと思いましたが結局は1時間遅れで本格的に開場しました。
しかしこんな事態(具体的な説明もなかったのに)でも周りを見渡した限りでは皆さん騒ぐ事もなく大人しく待っているのですから本当に驚くほど行儀が良いですねぇ。改めて思いました。ある意味こんな人達ばかりなら日本も平和なんだろうなと他人事みたいに思った今日この頃でした(^^;。

いつものレポートもどきですが、取り急ぎ今回良かったものから始めます。いや、優先順位の都合で今回は購入してないのですが(^^;。購入したキットのメモは次回に書きます。

今回は『oba』さんの「Canvas2 ~茜色のパレット~」より「萩野可奈」です。スケール的には1/7程度という感じでした。
元ネタは良く知らないのですが、プロの売れっ子小説家という設定ですから通学途中で閃きがあってネタ帳にメモっているところでしょうか。・・・小学生にしか見えませんが(^^;。
お行儀が悪いのですが、軽やかな動きに小鳥のように首をかしげた仕草が可愛いです。

Oba_haginokana1_1

Oba_haginokana2

Oba_haginokana3  Oba_haginokana4

Oba_haginokana5  Oba_haginokana6

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『AGGRESSIVE』さん「ともみ(II)メイドタイプ」「ともみ(V)アイドルタイプ」「ともみトロピカル」

明日のWHF神戸23の準備をしてます。って言っても撮影機材の用意だけですが(^^;。
やる事はSDカードをフォーマットして電池の充電です。デジカメ用の乾電池は前回からエネループに切り替えてみました。
従来のニッケル水素電池は最初の内は何の問題なかったのですが、恐らく十数回の繰り返し利用を経た今はデジタル一眼での撮影可能枚数が激減してしまいました。最初の頃に比べて1/3程度の枚数しか撮れません。電池のメモリー効果も気にして充電器のリフレッシュ機能で放電させてから充電はしていたのですが。
まあ、ストロボ用としては目立って能力は落ちていないので要は使い方次第という感じですが難しい所です。更に従来のニッケル水素電池は元々放電が激しいらしく、フル充電で3週間程度放置しておくとデジカメ用としてはほとんど使い物にならない位でしが、前回から使用しているエネループは従来のニッケル水素電池より性能が改善されたっぽいので経過を観察する次第でありますよ。

さてさて今回は『AGGRESSIVE』さんです。全ての被写体は愛沢ともみたんで原型は「みすまる☆ましい」さんです。

ここの作品を注目している方にはご存じの通り旧作なのですが、何となく一部の作品をまた撮り直しました。ただ直前のカメラの設定を引き継いで間違ってISO400で撮ってしまったのでややノイジーな写真になってしまいましたがこの位のサイズならあまり気にならないかな。またちゃんと撮ろう(^^;。

こちらは「Piaキャロットへようこそ!!2」より 1/5スケール「ともみ(II)メイドタイプ」です。

Aggressive_tomomitmade

「Piaキャロットへようこそ!!2」より 1/5スケール「ともみ(V)アイドルタイプ」

Aggressive_tomomiidol

「Piaキャロットへようこそ!!3」より1/5スケール「ともみトロピカル」
顔、髪型、上着、スカートの 4種を選んで作るコンパチキットだそうです。

Aggressive_tomomitoropi1

Aggressive_tomomitoropi2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ミリメートルモデリング』さん「Lesson-B」「Aquarius(アクエリアス)」

世間ではそろそろGWでしょうか。当方今年は連休と関係ない仕事に就いているのでガンダムウィングが何か?って感じですが。
それでもたまたまWHF有明14の日は休日なので交通費にかかる経費と相談して出撃しようかどうか思案中。有給取って神戸へ行けば実質十分でしょうが、うーん。
そう言えば一般参加の方で全国のWHFに距離に関係なく参加している方ってどの位いるのでしょうね。ふと気になりました。

さてさて今回は『ミリメートルモデリング』さんです。
ここの作品はフィニッシュの上手さもあると思うのですが、皮膚感覚と言いますか、キャラクターに骨格と筋肉があってその上に皮下脂肪と皮膚があるんだなと云う感覚で見ています。リアル過ぎずデフォルメ過ぎずに。そのさじ加減が良いなぁと個人的には思って見ています。

こちらは1/6スケール「Lesson-B」というタイトルが付いているようです。この時は展示のみかと思います。
モチーフは天織龍樹氏の画集「PRETTY CAT'S SHOW TIME」だそうです。

Mmmodeling_lessonb1

こちらは1/5スケールでオリジナルの女性フィギュアだそうです。下着の彫りが細かいですねぇ。在庫がある場合は通販も行なっているようです。

Mmmodeling_aqua1

Mmmodeling_lessonb2  Mmmodeling_aqua2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Milky doll』さん「綾波レイ制服ver.」「まほろさん」

本日はお礼のコメントからです。『Blue Crescent』様に先日の記事、『NIGHT-BLUE』さんの「Re:キューティーハニー 如月ハニー(派遣社員ver.)」を捕捉して頂きました。いつも有り難うございます。
Blue Crescent』様におきましては。ムサシヤの「新世紀エヴァンゲリオン レイ 2000」の紹介記事などもあります。「アスカ2000」との組合わせ写真もある珍しいラインナップです。ご覧になってはいかがでしょうか。

とか寝ぼけた眠い頭で更新している内にWHF神戸23までもう3日しかありません。仕事が休みではないので微妙ですが何とかなるかな。関東に住んでいた頃と比べて交通費に係る経費は激安なので何とかしたいところです。

さてさて今回は『Milky doll』さんです。最近はガイナックス系の作品が多いですね。

こちらは「新世紀エヴァンゲリオン」より1/6スケール「綾波レイ制服ver.」です。
こんな感じで美少女が包帯だらけで通学してたらある意味恐いかも(^^;。
絵的には片眼だけで瞳の印象をより強くしていると思いますし、包帯姿とは裏腹に涼しげな表情が面白いですねぇ。

Milky_doll_rei1

Milky_doll_rei2  Milky_doll_rei3

こちらの「まほろまてぃっく」より1/6「まほろさん」は再販ですが、以前見たものと塗装の仕上げが結構違っていたので再掲載です。
表情も良いですが、やはり綺麗なおみ足がポイントかな。

Milky_doll_mahomaho1

Milky_doll_mahomaho2  Milky_doll_mahomaho3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『NIGHT-BLUE』さん「如月ハニー(ver.派遣社員)」

コナミフィギュアコレクションのメカ娘vol.2買いました。コレクターじゃないので雰囲気を味わう為にたった2個だけですが。
前のシリーズは品切れにより全然手に入らなくて友人のを見せて貰っただけでしたが、今回vol.2の発売に合わせ再販されたのでvo.1も1個だけ購入。(なぜならヨドバシポイントが丁度3個分だったので)
vol.1も悪くありませんが、今回のvol.2はメカ娘のプロポーションとかディテールはこうだよねぇと云う感じで格段良くなっていますわ。コレクターじゃないと言いつつもやっぱり全部欲しいかも。イタリアさんが出るまでバラで買おうかなとか言ってる間に売り切れるんだろうな(^^;。 

さてさて今回はWHF名古屋6に戻りまして『NIGHT-BLUE』さんの1/6スケール、Re:キューティーハニーより「如月ハニー(ver.派遣社員)」です。原型はaoiさんだそうです。
腰から太ももにのラインが魅力的ですね。俯瞰気味に撮ったら胸の谷間とかもっと良い感じに撮れたかも。
しかし半ばトップレスでこんな短いスカートで何の派遣社員なんだろうか(^^;。

Nightblue_honey1

Nightblue_honey2  Nightblue_honey3

Nightblue_honey4  Nightblue_honey5

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マックスファクトリー』さん「壁際のレイ」

今回は記事紹介のお礼からです。『Blue Crescent』様に『硫黄泉』さんの「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 来栖とまり」を捕捉して頂きました。いつも有り難うございま~す。
Blue Crescent』様におきましては、ツクダホビーの「魔法騎士レイアース 」より「鳳凰寺風」と「龍咲海」のガレージキットの紹介記事があります。海ちゃん、風ちゃん好き以外の方もご覧になってはどうでしょうか。

という前置きですが、近頃は超劇場版ケロロ軍曹とのび太の恐竜2006の最終上映日に駆け込んだり、バラ売りのメカ娘2を買ったり、眠かったりで更新がはかどりません。更に気分を変えてHDDの中を漁り、いきなり今回はワンダーフェスティバル1997夏です。

今回更新分は『マックスファクトリー』さんです。今でこそ完成品やアクションフィギュアのメーカーさんですが、この頃はバリバリ(死語)のガレージキットメーカーでした。
年代的に新世紀エヴァンゲリオン人気はまだ過熱中であり、ガレージキットシーンをもリードしていたとも言える時期でしたから当然エヴァ物は本当に沢山のディーラーさんで頒布されていました。そんな中の1つです。
原型は「あげたゆきを」さん担当で「綾波レイVer.2/壁際のレイ」の副題が付いているようです。大きさは40cmを超え、スケールは1/4ですからかなり大きいです。
作例ではアクリル板を壁に見立てて制作しているようです。劇場用テレホンカードのイラストがモチーフになっているようですが、単体では飾り方が難しそうですね。

Max_kabeayanami1

Max_kabeayanami2  Max_kabeayanami3

この頃は富士フイルムISO400ネガフィルムにレンズはタムロン90mm、F2.5マクロレンズ。ボディはPENTAXのZ5-Pで撮影していると思います。

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヒロイン』さん「真宮寺さくら」

WHF名古屋6カテゴリーはもう少し続きますが、画像の用意が間に合わなかったのでWF2006冬で紹介しきれなかったものになります。(出先で更新しようと思ったら結局遅めのアップになってしまった)

その他、特に雑ネタを用意する必要も無いのでしょうが、何となく当サイトにおいての検索ワードについて書いてみました。
長い余談なので下段の<<続きを読む>>に書きました。

さてさて、今回は『ヒロイン』さんの「サクラ大戦」より「真宮寺さくら」です。
スケールは1/4だったかな。とにかく大きいという印象が先に立ちますが、凛々しくも可憐な表情が良いですねぇ。

そう言えばサクラ大戦はセガサターン用ソフトとして始まり、今年で10周年を迎えるとか。一時期の勢いは無いでしょうが各メディア、ジャンルに進出しており、5月にはGSIクレオスよりP:キャラとなって登場するようですね。見かけたら買うかも。

Heroine_sakura1

Heroine_sakura2  Heroine_sakura3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

続きを読む "『ヒロイン』さん「真宮寺さくら」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『すぺあている』さん「天野有里子」

そう言えばガレキは洗浄した所で止まっているので仮組・パテ埋めをしなくちゃと思っている今日この頃です。
腰は重いが始めちゃえば何とかなるっしょ。

さてさて今回は『すぺあている』さんです。
元ネタはBLADE COMICS刊、有馬 啓太郎 (著)「うりポッ」の天野有里子だそうです。キットの全高は17cm。原作を知らずともシンプルな可愛さに目を惹かれました。買おうかどうか逡巡しているうちに売り切れ(お
原作は知らなかったのですが宇宙人とか魔法少女とか父娘とか面白そうな要素があるので一度読んでみようかなと思ったりします。

Supeateiru_uri1

Supeateiru_uri2  Supeateiru_uri3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『硫黄泉』さん「来栖とまり」

毎日寝ては起きて仕事へ行って食べてDVDにてアニメを見ている今日この頃。こんなんで良いのかな(良くねえよ)
もうちょっと生活に変化をつけたいね。
とりあえず昨日はラムネの多恵先輩の未放映生着替えシーンを観賞。いや、ラムネの第2巻を観賞しました。この作品に限らず最近田舎を舞台にした作品が多いですね。
まあ、これだけ作品本数が多い状況の中で好んで癒し系的な作品を見ているので多く感じているだけなのかもしれませんが。
今日の結論。ああ、田舎に戻りたい(^^;。(住みたいじゃなくて去年まで住んでいたので)

さてさて今回は『硫黄泉』さんです。
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~』より「来栖とまり」ちゃんです。
スケールは1/6かな。校章のデカールが付くそうです。
かしげた首としなやかな髪、柔らかい雰囲気ですが、なんと言ってもピチピチの制服が良いかも(笑)

Iousen_tomari1

Iousen_tomari2  Iousen_tomari3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ROUND FACER』さん「ワンピースセーラー」「水着少女」「ウェイトレス」

もう早朝と言ってもよい時間に更新しています(汗
名古屋ではあまり写真を撮らなかったのでこのペースの紹介でも丁度良いかもですね。WHF神戸の日は有給出しておかないといけないなぁ。と(自分メモ
ではサクッと行ってみましょう。

さてさて今回は『ラウンドフェイサー』さんです。オリジナル作品を頒布しているようです。
なかなかバランス感覚のある造形だなと思っていつも見ているのですが、欲しいものが品切れで何となく買えてないディーラーさんですねぇ。

こちらは1/10スケール。オリジナル作品の「ワンピースセーラー」
最初見たとき派手な戦闘服かと思いました(^^;。スカートの部分は外してぴちぴちセーラーでも組めるそうです。

Round_facer_onepiece_sailor1

1/8スケール。オリジナル作品の「水着少女」
顔の部分をリメイクしたそうです。

Round_facer_nekomizugi1

1/8スケール。オリジナル作品の「ウェイトレス」だそうです。

Round_facer_waitress1

Round_facer_onepiece_sailor2  Round_facer_nekomizugi2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ゆうなぎ人形館』さん「じえいたん」

本日は記事紹介のお礼からです。『Blue Crescent』様に先日の記事、『チェリーブロッサム』さんの「小牧愛佳2」「イフリータ」「向坂環」「橘玲」を紹介して頂きました。有り難うございます。
Blue Crescent』様におきましてはツクダホビーの「魔法騎士レイアース 獅堂光」のガレージキットを紹介されています。興味がある方、またご存知ない方もご覧になってはいかがでしょうか。
それにしてもレイアースのアニメは1994年でしたか。軽く10年以上前なのですね。月日が経つのは早いものです。椎名へきる嬢も老けるわけだ(自分じゃなくてそっちかよ(^^;)

さてさて今回は『ゆうなぎ人形館』さんの「じえいたん」です。ノンスケールだと思いますが1/10~1/8程度かも?
WHF神戸22で初めて見たのですが、今回良く撮れたかなと勝手に思い込み、何げに好きだし、と言う事で再掲載です。
そう言えばこのじえいたん。ホビージャパン誌5月号のワンフェス2006冬アフターレポートにて『コタン堂』さんとして紹介されていましたが、実はこちらから海外派遣されていた模様です。

じえいたんは月刊アームズマガジンの『魔法の海兵隊員 ぴくせる☆まりたん』の登場キャラクターです。ちょっと危険な感じのネタですね(^^;。
ちなみにプロフィールは本名「九条しのぶ」11歳で自衛官。階級:陸上自衛隊陸士長
背中に背負ったけんぽーの重さに耐えて頑張っているらしいですよ。

Yuunagi_zieitann7

Yuunagi_zieitann2  Yuunagi_zieitann5

Yuunagi_zieitann3  Yuunagi_zieitann4

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『夢のカグツチノ公国』さん「桜&セイバー」「コトナ・エレガンス」「風のうしろを歩むもの」

遅ればせながら『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』見てきましたよ。一口で言うとデイズニーらしく安心して楽しめる優良映画でした。
扉をくぐると別世界、ドラえもんで有名な藤子・F・不二雄さんが描いていたSF(すこし・不思議)世界そのものですね(出版時期からしてナルニアの方が全然先ですが)
でもでも、人語を解する動物ばかりの世界では肉が食えないじゃないか(^^;。

ついでに『サウンド・オブ・サンダー』も見てきましたが、こちらはタイムトラベル関連の古典的SF(サイエンス・フィクション)を原作とするお話らしいのですが、アホらしと言うかわけ分らん話でした(^^;。
例によってCGを多用してましたが、質感も含めたデザインや動き等がややチープなのもかなりマイナスでしたね。

さてさてワンフェスリベンジは続きます。今回は『夢のカグツチノ公国』さんです。

こちらは今回の新作1/10スケール「桜&セイバー」です。これが黒桜というやつですか。あ、セイバーさんも黒いですね。凄いという言葉しか出ない作品です。

Kagutsuchino_sakurasaber1

ゾイド・ジェネシスの「コトナ・エレガンス」ですね。1/8スケールです。コクピット部分を再現ですか。
無機質な物に女の子が乗るとセクシーさ倍増という例ですかね。
倍増するまでもなくコトナったら衣装とか元々エロ過ぎですが(^^;。

Kagutsuchino_kotona1

ニトロプラス』の「塵骸魔京」という作品より1/8スケール「風のうしろを歩むもの」です。人狼の一族だそうですよ。まさしく人外魔境の世界なのかな。

Kagutsuchino_kotona1

Kagutsuchino_sakurasaber2  Kagutsuchino_makyo2

Kagutsuchino_kotona2  Kagutsuchino_kotona3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『はちみつ工房』さん「向坂 環」

本日は記事紹介のお礼コメントからです。
Blue Crescent』様に先日の記事、『かぐや姫』さんの「縁川小石(ver.3)」「小野寺樺恋」「綾波レイ」を紹介して頂きました。有り難うございます。
Blue Crescent』様におきましてはムサシヤの「超音戦士ボーグマン アニス FOREVER」と
海洋堂の「超音戦士ボーグマン アニス・ファームI 」と立て続けにアニスのガレージキットを紹介しています。ガレージキット史に名を残す(と思う)キャラクターアニス・ファームに興味がある方、ご存知ない方も是非ご覧になってはいかがでしょうか。

さてさて今回は『はちみつ工房』さんです。
ToHeart2』より「向坂 環」です。初お目見えの新作で早々に売り切れていました。
1/6スケールですからWFで見かけた1/8キット達と比べると大きめですね。タマ姉のメリハリのあるプロホーションと相まって結構な存在感です。パンツの面積の少なさは勝負用である証かな(笑)
え~別パーツとなっているYシャツを外したい人は買って確かめましょう(^^;。

Hachimitsu_tamaki2

Hachimitsu_tamaki1  Hachimitsu_tamaki3

Hachimitsu_tamaki1  Hachimitsu_tamaki5

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『チェリーブロッサム』さん「小牧愛佳2」「イフリータ」「向坂環」「橘玲」

サクっと行ってみます。WF2006冬では時間が無くて見られなかったディーラーさんも多かった訳ですが、そんな事もあったのでWHF名古屋6は個人的にプチWF状態でした。
そんな中で今回は『チェリーブロッサム』さんです。

1/7 『To Heart2』より「小牧愛佳2」です。めっさ可愛いですね。
原型は桜坂美紀さんです。
これに限らないのですが人が多くてあまり良いポジションで撮れなかったですね。

Cherryblossom_manamana1

Cherryblossom_manamana2  Cherryblossom_manamana3

1/7『神秘の世界エルハザード』より「イフリータ」です。原型は桜坂美紀さん。
ちょっと懐かしいキャラですね。ちょっと欲しかったです。

1枚目の写真はケンコーの影とり+オートピクチャーモードにて撮影。
内臓ストロボは補助的な役割になっていると思いますが、結局はストロボなので立体感はいつもの力技と比べてもあまり変わらないかも。でも多少は自然に写っていますかね?
絞りは開放に近いので被写界深度が浅く、被写体の手前側がボケています。ただ縮小するとあまり目立たないかなぁ。

Cherryblossom_if1

Cherryblossom_if2  Cherryblossom_if3

1/7 『To Heart2』より「向坂環」です。原型はとりあさん
タマ姉、たまんね~(死

Cherryblossom_tamaki1

Cherryblossom_tamaki2  Cherryblossom_tamaki3

1/7 『ぱにぽにだっしゅ!』より「橘玲」です。原型はとりあさん
上のタマ姉もそうですがコケティッシュな女の子の雰囲気が上手いですねぇ。

Cherryblossom_tachibana1

Cherryblossom_tachibana2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『かぐや姫』さん「縁川 小石 ver.3」「小野寺 樺恋」「綾波 レイ」

とあるひのコタツガさんの一昨日の記事にRSSリーダについての記事があり、サンプルページにウチのページが引っかかっていたのでちょっと驚く。成る程RSSリーダの効能(温泉かよ(^^;)は知っているつもりでも実際使った事が無かったのでああして該当記事を繋げて煩雑なサイドバー無しで閲覧できる使い方はかなり良いかもなので似たようなものがあれば近日中に導入してみようと思いました。

さてさて今回は『かぐや姫』さんです。従来のオリジナル物もありましたが、今回は新作の版権物を中心に撮影しました。イベント毎に新作を見かける感じでそれだけでも凄いです。

こちらは最新作の1/7「おねがい☆ティーチャー」より「縁川 小石 ver.3」です。
乳がエロイですなぁ(^^;。ポーズも密かにプロポーションに自信のある小石たんらしいかも。

Kaguyahime_v3koishi1

1/7「おねがい☆ツインズ」より「小野寺 樺恋」
ガレキ等では意外に珍しい私服姿ですね。元気でムチムチでお茶目ですね~。良いです。

Kaguyahime_karenn1

Kaguyahime_v3koishi2  Kaguyahime_karenn2

こちらは新世紀エヴァンゲリオンより1/7スケール「綾波 レイ」新作ではありませんが今まで撮影した事が無かったような?。長めの前髪が角度によって瞳を隠し表情を変えるので面白いかも。

Kaguyahime_rei1

Kaguyahime_rei2  Kaguyahime_rei3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『り~ん・うぃず』さん「矢神 由梨子」「近衛七海 幼少Ver.」

昨晩は実家から持ってきた物とこちらで増えたガレキをガイアノーツのレジンウオッシュにて洗浄しました。クレンザーと中性洗剤で磨いても良かったのですが、共用洗面所でフィギュア磨いてるのを誰かに見られたらちょっと嫌なので(^^;。
レジンウォッシュの能書きによりますと、パーツをレジンウォッシュに浸ける事5~10分程、時間が経過したら水洗い、5回程度の使用に耐えるとか。
で、まあとりあえずガレキ4個程で終了しようと思いタッパーに移したウォッシュ液を戻そうと思ったら・・・上手く戻せそうもないので引続き計10個程まとめて洗浄しました。能書きより倍使ってしまいましたが大きくないパーツだし大丈夫だよ・・・・ね?(^^;。
残った液はタッパーに残して蓋はしてありますが放って置くと揮発しちゃいますね。

さてさて今回は『り~ん・うぃず』さんです。ねこねこソフトさんのキャラを中心に可愛く、多数立体化しています。
余談ですがねこねこソフト最後のゲームが出た後は当日版権関係はどうなってしまうのでしょうかね。普通に考えたら窓口が無くなる事により不可?・・・。

こちらはねこねこソフトのPCゲーム『サナララ』より1/7「矢神 由梨子」です。ふわふわした感じが良いです。

Rinnwiz_yuriko1

同じくPCゲーム『ラムネ』より1/7「近衛七海 幼少Ver.」です。すごく似ている気がします。(アニメしか知りませんが(^^;)

Rinnwiz_mininanami1

Rinnwiz_yuriko2  Rinnwiz_mininanami2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『つぐつぐ』さん「蒼星石」

今更ながら角川コミックス・エースの「トニーたけざきのガンダム漫画」を読んで夜中に声を押し殺しつつ大笑いしてます(キモイ~)。ガンダムエースは最初の頃しか買っていなかったので単行本が出ていた事さえ知らず買ったのは昨日でした。
この漫画、ただでさえ本家の絵に似ているのに巻末に安彦良和ご本人の寄稿があるのには笑った(^^;。

さてさて今回は『つぐつぐ』さんです。
「RozenMaiden」よりオッドアイの貴公子(いや、女の子だから・・・)第4ドール「蒼星石」です。ローゼンメイデン関係では屈指の出来だと思います。小道具と凝った台座が雰囲気を良くしていますねぇ。
作例の瞳は本物のドールアイを使用していますがキットには付属しないようです。

Tsugutsugu_aoiko1

Tsugutsugu_aoiko2  Tsugutsugu_aoiko3

黒い帽子が背景に溶け込んじゃった(^^;。
例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『はぽい処』さん「綾波レイ」

今回はお礼のコメントからです『Blue Crescent』に先日の記事『ぷるるん亭』さんの「魔法少女リリカルなのは Ver.2」「フェイト・テスタロッサ Ver.2」を捕捉して頂きました。有り難うございます。
Blue Crescent』におかれましてはガレージキットを中心とした新世紀エヴァンゲリオンのアスカ祭りを開催されていました。バラエティかつ少々懐かしいキットもあったりして楽しく拝見していました。興味がある方はご覧になってはどうでしょうか。

さてさて今回は『はぽい処』さんの「新世紀エヴァンゲリオン」より1/6「綾波レイ」です。
管理人はエヴァはレーザーディスクを買ってDVDで買い直すぐらいは好きではありますが、ガレージキットは全く買っていませんでした。しかしこれだけは欲しくてワンフェスではせめて一目見に行こうと思っていたのですが、時間不足で辿り着けず(^^;。今回は遅刻しても何とか実物を拝めました。当然買えませんでしたが。
この綾波はワンダーショウケース(WSC)の受賞を受けてからの制作で相当なプレッシャーがあったのではと勝手な想像をしていますが、そんな状況で注目される渦中、従来と作風を変え、更にメジャーキャラへ挑戦する姿勢はずいぶんとアグレッシブで凄いなと驚いたものです。

この作品は元キャラのイメージも手伝ってか儚げなイメージに仕上がっていると思います。サンプルの塗装は絵描きさんらしいというか絶妙ですね~。
この写真は背景にストロボ光が反射しちゃったのでノンストロボと影とりで撮影し直そうと思いましたが忘れちゃいました(^^;;。今更言うまでもありませんがリングストロボは光がフラットに当りすぎるのでイマイチですネ(まあ、ベストは目指さないので私ではこんなもんでしょうが)

こちらのカラーリングは原作(アニメ版)準拠という感じでしょうか。

Hapoi_ayanami3

こちらは通称アルビノ版。個人的にはこちらの方が原型の作風に合っていると思うので好きですね。

Hapoi_ayanami2

Hapoi_ayanami1  Hapoi_ayanami4

Hapoi_ayanami5  Hapoi_ayanami6

Hapoi_ayanami7  Hapoi_ayanami8

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ぷるるん亭』さん「魔法少女リリカルなのは Ver.2」「フェイト・テスタロッサ Ver.2」

過ごしやすい気候になってきたし、そろそろガレキでも作ろうかと思う今日この頃です。って言うか、何年作ってないんだろ(^^;。
やるなら一気にやらないと挫折しそうですが、問題はシンナー臭対策ですかね。現在寮住まいなので。
対策としては塗装ブースを買うか作るかして安い食器乾燥機を買ってドライブース代わりにしようかな・・・・と考えてるだけではしょうもなしですな。

さてさて今回は『ぷるるん亭』さんです。。「魔法少女リリカルなのは」ものですね。
WF2006冬の新作でしたが、今回初めて実物を見ました。実は買えたら良いなと思っていたのですが大遅刻で叶いませんでした。
魔法少女のキット達はパーツ数が多くて自力での複製はさぞや大変だったと思います。今回は少なめの頒布でしたが、もっと多くして!とは気軽に言えない作品(^^;。

こちらは1/7スケール「魔法少女リリカルなのは Ver.2」シーリングモード(ジュエルシードを封印する形態)のレイジングハートまで含めると30cm近い全高は結構な迫力です。
リリカルなのはものは魔法少女の装飾に武闘派のポーズ物が多くて華やかなので個人的に好きなのですが、これも良いですね~。

Pururun_nanohaver2_1

1/7スケール「フェイト・テスタロッサ Ver.2」バルディッシュはシーリングモード形態ですかね。

Pururun_fatever2_1

Pururun_nanohaver2_2  Pururun_fatever2_2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『鹿鳴館』さん「水無灯里」「藍華・S・グランチェスタ」「アリス・キャロル」「アリシア・フローレンス」

今回もサクッと行ってみましょう。

さてさて今回は『鹿鳴館』さんです。アイテムは再販物ですが、個人的にデジカメで撮影した事がなかったので再掲載です。
プレイドコミックより「ARIA」シリーズですね。つい先日アニメの第2シリーズも放映開始された為か早々に完売した後もブース前はせめて写真だけでもと撮影する人が途切れなかった感じでした。私も混じって通常の3倍のスピードで大量撮影(^^;。(って言うか皆撮影に時間取りすぎだよ)

1/6スケールのフィギュアにはSDキャラが各2体ずつ付いてます。掲載したかったのですが撮り忘れがあったので思い切って割愛しちゃいましたがこれだけでも単体で欲しいくらいですねぇ。
それにしても鹿鳴館さんのフィギュアは雰囲気が良くて一種の風格と言いますか品格のようなものを感じます。特に灯里は欲しいんですが、いつもの私のヌルイ調子だといつ買える事やらです。

1/6スケール「水無灯里」&アリア社長・SDアリス
オール装備は珍しいですね。ゴンドラを作りたくなっちゃいます(まず私には無理ですが(^^;)

Rokumei_akari4

Rokumei_akari1  Rokumei_akari2

Rokumei_akari3  Rokumei_akari5

1/6スケール「藍華・S・グランチェスタ」&ヒメ社長・SD灯里

Rokumei_aika1

Rokumei_aika2  Rokumei_aika3

1/6スケール「アリス・キャロル」&SDアテナ先輩・SDグランマ

Rokumei_alice1

Rokumei_alice2  Rokumei_alice3

1/6スケール「アリシア・フローレンス」&アリア社長・SD藍華

Rokumei_arishia1

Rokumei_arishia2  Rokumei_arishia3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『4X07』さん「真紅」

サクッと行ってみましょう。今回は『4X07』(フォークソナー)さんです。
ローゼンメイデンより薔薇乙女第5ドール「真紅」です。
キットはノンスケールで台座を含まない高さは13.5cmだそうです。
モチーフになった絵は原作絵のポスターのようですね。このポスターは兄メイトで買ってきてパネルに入れて実家に飾ってありますが何か(^^;。
このキットなかなか雰囲気が出ていると思います。売っていたら買ってましたが、当然のように残っていませんでした。
見本の塗りもポスター通りに原作準拠でドレスは枯れた紅にリボン類は黒に近い茶色となっているようです。

4x07_shinku1

4x07_shinku2  4x07_shinku3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『Vixen』さん「きつねみみメイドさん」

遅刻して到着したWHF名古屋6ですが、会場は結構な人口密度でした。開始早々に売り切れたキットも多かったようですが、個人的に欲しかったキットは買えたのでまあまあの成果でした。WFで撮影済みのAp-EXさんのティッキーさんも買えましたし。でも本日の記事分と合わせて計3つ、意外とお金使わなかった(^^;。

今回の記事は前々から写真で見て欲しかった『Vixen』さんの「きつねみみメイドさん」です。今回やっと現物を見かける事が出来てご購入。
オリジナルキットでノンスケール、キットの身長は10cm程度でしょうか。
元気印のキツネの尻尾に何げに強調された胸が嬉し恥ずかしです。
キットには瞳デカールと胸のジュエルが付属しています。作例のメガネは付属していませんが『五菱重工』さんのエッチングメガネパーツEG06を装備させたそうです。
ウチの在庫は・・・EG03だったので次回の機会に購入しましょ。

Vixen_kitsunemimi1

Vixen_kitsunemimi2  Vixen_kitsunemimi3

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『神聖マタンゴ帝国』さん「チェーンソー少女」

当プログを置いているココログですが、先月末のメンテナンス後はシステム変更により記事中に画像をアップロードすると勝手に横幅が800ドットに縮小されてしまうようになりました( ̄□ ̄;)
とりあえずファイル単体では指定ファルダーに元サイズのままアップロードできるので手動で画像をアップロード後、これまたhtmlを書き換えて対応してます。
画像はもっと大きくても良いと思っているくらいなので(えー)今回の仕様変更はウチとしてはとても許容できない変更だし、それでなくてもニフティ側のメンテ後の不手際等、その他諸々に嫌気が差してきたので移転も考えてます。ただちょっと調べてみましたが有料(広告無しにしたいので)で大容量&転送量も無制限な所ってそうそう無いみたいですね。どうしようかな~(^^;。
ところで大きいサイズのガレキのイベント画像って実は需要無いのでしょうかね?
自分で好きでやっているだけですが、時々疑問というかちょっとした不安を感じているのですが・・・。

さてさてWHF名古屋6。ぼちぼちと買ってきたものから掲載していきます。
今回は『神聖マタンゴ帝国』さん「チェーンソー少女」です。スケールは1/10くらい?
オリジナル作品だそうです。ビジュアルが面白いですね。
華奢な少女が繰り出す大振りなチェーンソー捌き、実はチェーンソーアート実行中だったりするのでしょうか(^^;。一発で気に入ったので購入、2,000円でした。

Matango_chainsawgirl1

Matango_chainsawgirl2  Matango_chainsawgirl3

Matango_chainsawgirl4  Matango_chainsawgirl5

資料用に多めに掲載、でも単調な写真になってしまった。後ろからも撮らせてもらえれば良かったなぁ。

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『kuni20xx』さん「パイン&アップルちゃん」

とうとうサイトのカウンターが1,000,000ヒットを越えました。これからも何かを目指すのではなくへらへら適当にやりたいと思います。
幸いキリ番ゲッターの方からも連絡を頂きまして記念品の方も用意できました。幸運な方は北海道手道の匿名希望さんでしたー。

で、WHF名古屋6も行ってきましたよ。結果は端的に言うと大敗退(^^;。
いい加減な検索をして行った為、最寄り駅と同名の駅を目指してしまい(同じ愛知県内)更にそこまで行くのにも手間取って間違いに気づいて慌てて戻り、結果的に開場時間から1時間遅れの入場でした。
今回はそれで少なからず迷惑をかけてしまう事があったので猛省しております。トホホ・・・。

さて写真ですが、今回は会場で一番気になったものからです。
『kuni20xx』さんの「パイン&アップルちゃん」何と「世界一!幸せな手榴弾」ですよ?
見かけたのが結構遅い時間帯でしたので買えませんでしたがメチャ欲しかったです。
パインちゃんとアップルちゃん、確かに幸せそうな笑顔ですが、髪のヘアピン抜いたらやっぱ爆死しちゃうんでしょうか。だって手榴弾だから(^^;。

Kuni20xx_bakudan3

Kuni20xx_bakudan2  Kuni20xx_bakudan1

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で前ページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »