« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

レッドテールキャットさん AIRより「神奈」

このキットはWHF神戸21でもムサシヤ?の会場限定品として再販されたようですね(行ってませんが)ただこの際の展示では首が切れていたようですので完全体だった頃の全身の写真を追加して再公開してみます。全身の方は大きめサイズの画像にリンクしています。

AIRの神奈殿と言えば10月にSUMMER編のDVD発売が控えていますね。こちらも楽しみです。

musaseiya_kannna

以下は 2004.08.13 at 03:54 時点の記事です。

ledtailcat_kanna

原型はWooDさんだったと思います。独特のセンスが加わっているようにも思えますが、造形物としては好きですねぇ。
個人的には元ネタを知りませんが今度はゲームの枠を飛び出して劇場アニメになるようですね。機会があれば観てみようかな。
2005.02.05新しいスキャナーの画像と差し替え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『G・Kオペレーション』さん「沢渡真琴」「美坂栞」

台風一過メチャ暑い日でしたね~(+_+)。世間的には夏休みのせいかアクセス数も若干上向き加減です。そんな感じですが、今扱っている写真はワンフェスリスタート2001の古い写真ですよ~。お間違いなきよう・・・と注釈を入れる程でも無いですかね。まあ、気まぐれなページですので(^^;。

今回は『G・Kオペレーション』さんのkanonネタから「沢渡真琴」「美坂栞」です。この頃は移植もアニメ化も無かったと思うのでPCゲームネタになりますかね。このガレージキットはキャラクターデザインでもある「樋上いたる」さんの画の雰囲気とはちょっと離れていると思いますが、自然な仕草にほよ~とした感じが漂って良いです。写真に撮るとポートレート的な雰囲気か出るのでこういうのは個人的には好きですねぇ。例によって写真は高解像度版あります。

GKOPE_makoto

GKOPE_shiori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『烈風』さん「卯都木命」

ワンフェスのカタログを予約した今日この頃です。脈絡は無いのですがJAF-CON7の写真です。誰でもそうなのかもしれませんが、興味のある範囲で写真を撮っていますのでアイテムは偏ってしまいますね~。まあ、古いので需要無視だと思いますが、これも趣味という事で御願いします(^^;。そんな訳で今回は『烈風』というメーカーから発売されていた「卯都木命」です。勇者王ガオガイガーのメインヒロイン。ほとんどセクハラの制服姿を1/6スケールで立体化ですね。原型は「みすまる☆ましい」さん。おきゃんぴーでシャープなイメージの造形が◎でした。例によって写真は大きめサイズあります。

reppu_mikoto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『eyewater』さん 「木之本桜」

月刊コミック電撃大王って初めて買いました。いつもは「雑誌の付録なんかお荷物が増えるだけだぜ!」とか思ってほとんど買いませんがあっさり宗旨替え。そう、お目当てはネコミミ茉莉ちゃんフィギュアです(^^;。原型はバサロキックさんですか。これは良いですね。サイズがもう一回り以上大きければもっと嬉しかったがそれは贅沢か・・・。

さて、今回も先日に引続きワンフェス2001夏から『eyewater』さんです。お品書きはカードキャプターさくらより「木之本さくら」です。スケールは1/6かな?。写真で見ても分ると思いますが凄いヴォリュームの造形でフリフリで見てる分には目が楽しいです。でも作るのはちょっと躊躇しそうですが。だって難しそうだし(^^;。

モチーフは原作のイラストからなのだろうなぁと思いイラスト集を探しました。そして見つけたイラスト集の第2巻はまだ開封すらしていなかったという罠(汗 んで5年ぶりに封印解除。モチーフになったイラストの初出は1999年9月号の「なかよし」誌のカラー扉ですね。イラスト集の言葉を引用すると「お花にとまっている蝶々のイメージ」です。

例によって大きめサイズの画像用意しています。それにしても地味な色にしかスキャン出来てない気がする(^^;。

Eyewater_sakura1

Eyewater_sakura2

Eyewater_sakura3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『eyewater』さん 「ちい」

今日も更新してWHF神戸へ行けなかった寂しさを紛らわす。シクシク

今回は『eyewater』さんの作品です(←リンク先はPumpkin kingさん)。1/7スケールの「ちょびっツ」より「ちい」ですね。この女の子はこう見えてもパソコンですよ~という作品でしたね。そして起動スイッチがとんでもない所に・・・・以上元ネタの説明終わり(^^;。

原型は榎木ともひでさんです。この方の作品は最初にカードキャプターさくらのバトルコスチュームを見たのですがその時はポージングとマントのなびき具合との立体表現というか空間構成的な上手さに(上手く言えません(^^;)感動しましたが、この「ちい」は髪の毛の流れから伸びやかでありながら品の良い手足の収まり具合、そして視線と、どれを見てもしなやかで美しいですね。嗚呼良いなぁ・・・・。

写真は例によってもっとサイズが大きい高解像度版も用意しました。見たい方は画像をクリックして下さいね。

eyewater_1

eyewater_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ほんだら商会』さん 1/8「木之本桜」他

やはりWHF神戸21へは本日仕事だった都合上行きませんでした。でもいざ会社へ行くと出勤している人数なんて半分以下?という感じで黙々と仕事話こなしながら激しく空しい時間を過ごしてしまった気がするが・・・。でもいざイベントへ!と言っても資金繰りが・・・・。まあ、いざとなったら魔法のカードを発動させますがね(^^;。とにかく次回のイベントを楽しみにしておこう。

さて、今日は魔法のカード繋がりで(無理矢理やなぁ)『ほんだら商会』さんのカードキャプターさくらより「木之本さくら」ですね。しかし昨日はこのネガ分を96年のJAF-CONだと紹介しているのですが、このアイテムが入っているという事から考えると年代的に合わない気がします(^^;。原作準拠ならば96年でも時期的にも何とか合うのですがそんなに早く立体化していませんよね?。正確な所ご存じの方がいらっしゃいましたら教えてプリーズです。

いずれにせよこの日は展示のみで後日B-CLUBより「木之本桜 Vol.1」として一般販売されました。その筋の方にはかつて見慣れたアイテムですよね。原型を担当された佐藤 嘉昭さんはぷに萌え系造形の第一人者だったという当時の印象でした。

あ、写真は例によって高解像度版あります。

HONDARA_sakura1

こちらから下の画像は更に不明(^^;。ネガが連続しているし、背景の感じからすると同じ卓に展示してあるような感じです。雰囲気からするとここまひさんデザインのキャラだと思います。

・・・この「瓦礫な部屋」というページは個人的なデータ整理も兼ねている建前もあるのに古い写真は詳細不明になってしまう場合が多々あるのでチト困りますな。まあ、分らないという事が分るから良いのか(^^;。

HONDARA_onnanoko1

HONDARA_onnanoko2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『ボークス』さん「ああっ女神さまっ」

今日はオープンしてから半年以上遅れてですが、ジョイフル本田へ行ったですよ。店内は模型関連は言うに及ばず趣味関連のマテリアル・ツールは何でもある感じ。昔行った東急ハンズを更に大きくした感じでした。でもこんな田舎にそれだけの需要があるとも思えないので潰れないで頑張って欲しいぞ(^^;。しかし道具にも力を入れている比較的大きめの模型店にとってはある意味脅威かもしれないなぁ。この店は。(店というか1つの町だよここ

今回はJAF-CON96の写真から(JAF-CON5か?)ネガ袋に?付で書いてあるだけでイマイチ確証がありませんが。まあ、何で今更感バリバリですが気にしないで(いつも通り)ある意味独自路線で行きましょうかね(^^;。画像は各高解像度版あります。写真をクリックすると大きめの画像が開きます。元に戻るにはブラウザの戻るで前ページに戻って下さい

最初は「ああっ女神さまっ」より「圓句昭浩」 氏原型のベルダンディ&ホーリーベルのクリスタルVerです。スケールは1/8かな。こんな物があったとはスキャンするまで全く記憶に無かったですな(^^;。個人的にはカプセルフィギュア等で出てくるクリアーバージョンは大ハズレであまり欲しくないですね。ましてやこんな高価な物は加工性もそうですがヤケも心配ですからねぇ。

VKS_hollybell

こちらも圓句さん原型で1/6「赤い水の妖精」だとか。女神さまは原作の画風も年代と共にしょっちゅう変わるので似ている似てないの判断は難しいかも。

VKS_akaimizuno

こちらは宮崎秀正さんという方の原型で1/8「スクルド 時の流れ」という作品だそうです。原作のイラストがモチーフになっているようです。

VKS_sukurudo_tokinonagare

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『1999夏のワンフェスより』その4

ここ数日気温は低めなのですが、体が妙にダルくて低調傾向っすよ(^_^;)。来る18日のWHF神戸は行きたかったのですが、お目当てのディーラーさんがお休みだし、休日返上で仕事になりそうな雰囲気濃厚だし、まあ、お金も無いので素直に仕事してようかという情勢ですよ(^^;。

さて、今回はワンダーショーケースにも選出されている「ちびすけマシーン」さん主宰の『東京G-0』の写真です。この方の作品は5月にストライクキャット みみか (楽A)を購入しているので何げにファンだったりします(^^ゞ。最近は「魔法先生ネギま!」の「フィギュメイト」のデザインを手がけているようです。ネギま!自体には大して興味がないのですが、確かに可愛いデザインだしちょっと欲しいかもしんない(^-^;。

こちらは「ウェポンズ・ナイチンゲール」です。モデルグラフィックス誌の表紙にもなったとか。

tokyoG0WEAPONS

こちらは詳細不明。下の方にラン13歳との説明書きが(^^;。ぬいぐるみのようなボディとキャスト製のヘッドで作られたフィギュアのようです。

tokyoG0_RANN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『1999夏のワンフェスより』その3

1999年頃には一大勢力だったカードキャプターさくらです。ネガ1本からの抜粋なので大した数ではありませんが。(ん~他のネガはどこへ行ったんだろ(^^;)

上の画像は詳細不明です。シチュエーションとしてはパワーのクロウカード発動中ですね。パワーのクロウカードとのバトルの犠牲になってしまったペンギン大王(公園の滑り台)を捕獲したパワーの力を使って元に戻しているところですね。知世ちゃんに写真を撮られてしまってさくらちゃん曰わく他の人には絶対見られたくない恥ずかしい姿だったらしいのですが、その姿を見事に立体化。デフォルメも効いて良さげでした。

下の画像はコトブキヤより一般販売されたキットです。見ての通りスク水ですね。

penginndaiou

kotobkiya_sukumizusakura

余談ですが残っているプリントは色鮮やかなのですが、ネガをスキャンした画像はどうも退色が激しいですね(^^;。スキャナーの設定をいじっても芳しくないので掲載した写真は元画像から彩度をバリバリ上げてます。いい加減ネガも劣化して退色が始まっているのでしょうかねぇ(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『1999夏のワンフェスより』その2

イース-フェルガナの誓い終わりました。適度なアクションと謎解き有り~の。相変わらずドギは壁を砕いてアドルは女を泣かせるし(笑)まあ、ある種のマンネリ感はあるのですが、キッチリ作り込んであるゲームだとは思うので自分としては十分堪能しましたですよ。そしてもう少しまともなグラフィックカードが欲しくなってしまった今日この頃(^^;。

さて、今回は1999夏のワンフェスその2というか、内容的には『コトブキヤ』の守って守護月天より「シャオリン」のガレージキット2連発です。この頃は原作人気が一番高かった頃ではないでしようかね。実際私も読んでましたからね~。連載再開後は見てませんが・・・。

当時の勢いからすると今ならPVCスタチューとして完成品が出ているかもしれませんネ。この頃はそんな物ほとんど見かけませんでしたが(^^;。今回の画像サイズは当方のスタンダード?サイズのみです。

kotobkiya_syao1

kotobkiya_syao2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『1999夏のワンフェスより』その1

イースの新作「フェルガナの誓い」は面白いのですが、中ボス攻略でつまずいてしまったので一休みです。超久々にゲーム脳を活性化させている為か疲れた(^^;。

今回は机の中からプリントも入れっぱなしで未整理のネガを1本引っ張り出してスキャンしてみました。何回か続く予定です。ネガ袋に何も書いてなかったので詳細は不明なのですがたぶん1999年夏で間違いないでしょう。ちなみにネガフィルムはISO400を使っていました。各写真は例によって高解像度版あります。

最初はG-PORTから発売されていた藤崎詩織のビキニです。スケールは1/7。原型は竜人さんです。有名キットですね。私、同シリーズの制服姿は持っているのですが、こっちは結局未購入だったかも。

Gport_shiori

こちらは「F-Face」の浅井真紀さんの作品でTo Heartより「神岸あかり」ですね。F-Faceさんと言えば最近のイベントではいつもすごい行列が出来ているなぁと云う印象ですが、この頃から凄かったんでしょうかねぇ。

Fface_akari1

Fface_akari2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ガレージキット完成品工房 FrontRow』さん

気が付いたらPCでイースの新作(フェルガナの誓い)が出ていたので発売日より数日遅れでしたがゲットしてプレイしてます。グラフィックは前作に引続き3Dですが、システム的にはゼルダ風の古典的とも言えるアクションです。私はこういうの大好きですが世間的には今受け入れられるんでしょうかねぇ。つーかプレイしているのいい年した人(それは自分だろ)ばっかりだったりして。つまり固定ファンか(^^;。

さて、今回は『ガレージキット完成品工房 FrontRow』さんです。このページで完成品工房さんを扱うのは確か初めてです。(今回は写真掲載の許可をもらいました)。最初に書いちゃいますが、それだけ仕上げが好みだったと言う事です。

ちょっと雑感等を・・・。イベント会場では大抵何ヶ所か完成品工房さんを見かけます。それぞれに技術的にはすごい物を持っている所も多いと感じます。ただデモンストレーションを意識しすぎてか、過ぎたるは及ばざるがごとしと個人的に感じてしまう事も多々あったりするのですね~。派手に美しすぎて身近に飾りたい感じじゃないというか。この辺りは個人の趣味・感覚に因る所なので当然正解などはありませんが。

FrontRowさんの仕上げは派手な印象は無いのですが、ひとつひとつを丁寧に押さえ、非常に安心して見られてココロ安らぐ感じがして好きなのですね。(即席の写真じゃ上手く伝わらないかもしれませんが)個人的にはお勧めですので積みっ放しのキットを抱えて尚かつ減らない方は依頼しても良いかもしれませんよ。って言うか、しましたが(爆) 

FrontRow_shinobu

1/8スケール コトブキヤ 『ニニンがシノブ伝』より「忍」
元々は楓たんの制服姿のキットですが、忍の頭部がそっくり付いてきて単なるオマケを超えたコンパチ式のキットになっています。

FrontRow_haruka1

1/8スケール  REBELLION 『シスタープリンセス』より「春歌」

FrontRow_haruka2

1/7スケール  パラダイスカフェ 『シスタープリンセス』より「春歌」
髪の色はアニメ版だとか

もう少し大きい画像で見たい方は写真をクリックして下さいませ。元サイズの画像にリンクしています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『NIGHT BLUE』さん ニニンがシノブ伝より「忍」

今回は忍者です。「バットマン ビギンズ」にも忍者軍団モドキが出たりして、卓越した技を持ち、ミステリアスな存在である忍者ネタのお話は古今東西尽きないのかもしれません。そんな忍者をギャグにしてしまったのがニニンがシノブ伝です(笑)。紅一点クノイチの忍を原作本を買ってハマってしまったらしい『NIGHT BLUE』さんが立体化しました。(私も同様にアニメ化→原作本を買ってハマッたクチです)

NIGHT BLUEさんお得意の吉崎観音キャラともひと味違うムッチリ具合も良い感じの再現具合です。ショートパンツは別パーツ?例によって高解像度版の画像あります。

NIGHTBLUE_shinobu

続きを読む "『NIGHT BLUE』さん ニニンがシノブ伝より「忍」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »