『パンプキンキング』さん「安藤 まほろ」「孫策 伯符」「惣流・アスカ・ラングレー」

暑い日が続きますねぇ。と月並みに天候の話から始めてみます(^^;。
当ページは現在次のワンフェスまで縮小運転中です。
一応ボーナスが出た今日この頃ですが赤字補填をするとほとんど残りません。
というか、実質的には赤字のままなのでワンフェス資金はロクに確保できませんよ(涙)
せめて9月に発売を控えたクイズマジックアカデミーに備えてニンテンドーDS本体は買っておきたいところです(笑)

って言うか力石リキッドストーンさんところのゆのっち宮子メチャ欲しいんですが。
可動モデルは興味が薄いので今までスルーでしたが、一枚絵的な魅力がある固定モデルは好きなんですよね。保守的かもしれませんが(^^;
家庭の事情でもう10年近く塗装してませんが無塗装であれだけのものが出来るなら久々にビルドしてみようかと。
ワンフェスでは無理そうなので別のイベントで再販希望ですよ~。<いきなり敗北宣言かよ

さてさて今回もワンフェス2004冬より『パンプキンキング』さんの写真です。
もう4年以上前ですが、まほろさんとか見ると非常に懐かしいという気がします。
やはりキャラ物は風化が激しいと言うべきなのでしょうか(^^;。
ゲーム関係のキャラは息が長いのでアニメキャラの場合は余計にそう思ってしまうのもしれませんが。

こちらは『まほろまてぃっく』より「安藤 まほろ ~キャンギャルVer.~」
1/6スケールだそうです。原型製作は「あさにゅ」氏
強調されたひんぬーからヒップと絶対領域までのラインが素晴らしい(^^;

Wonder2004wpumpkin_kingcg_mahoro1

同じく「安藤 まほろ」のプラグスーツver.。
スケールは1/7ガイナックス版権の合わせ技と言うべきか(^^;

Wonder2004wpumpkin_kingps_mahoro1

こちらは『一騎当千』より「孫策 伯符 ~おすわりVer.~」
1/6スケールだそうです。原型製作は「吉野敦」氏
大きく開いたチャイナのスリットが動きやすそうだなぁとか。さすが戦闘服(ぉ

Wonder2004wpumpkin_kingsonsaku1

詳細不明ですが「惣流・アスカ・ラングレー」です。
服だけダメージVer.と言うべきでしょうか(^^;

Wonder2004wpumpkin_kingasuka1

フジのISO400ネガフィルムにて撮影。
各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『SkuldLab-スクルドラボ』さん「スクルド」

映画『スピード・レーサー』を観てきましたよ。と言うかオッサン的な世代にはマッハGoGoGoですな(^^;
以前に監督が同じマトリックスを見た際もアクションや画面のセンスが漫画みたいな映画が出てきたなぁと思いましたが、これはモロにマンガ・アニメそのものの画面で呆れたというか驚いたというか。
俳優もアニメキャラクターのイメージに結構忠実で2度おいしいです(本当かな(^^;)
ポンチ絵というか質感の乏しいCGはちょっと気になりますが、車の挙動もおおよそ非現実的ですから、これはこれでアリだと思いましたよ。
ストーリーは家族の絆を中心にした(ある意味アメリカらしいかな)シンプルでコンパクトにまとまった爽やか(かなぁ?)な感動作で思っていたよりも良かったです。DVD購入リスト入りですな。

さてさて今回もワンフェス2004冬より『SkuldLab』(Flower Shop)さんです。
この当時の新作「スクルドX」スクルドwithノーブルスカーレットです。
スケールは1/7位かな?
活動休止状態の為この作品がスクルドラボとしての現在の最終作になるのでしょうか。
現在の主な活動範囲はドール関係らしいですね。
毎回楽しみにしていたスクルドの新作が見られなくなって久しいので残念ですねぇ。
1度くらい買ってみたかったですねぇ。買える時間に来いと云う感じですが(^^;。

Wonder2004wskuldlabsukuld1

Wonder2004wskuldlabsukuld2

こちらは「スクルドIX ゴスロリVer.」です。スケールはたぶん1/7
イメージカラーっぽい赤は全身フリルのフォーマルな?出で立ちですが、ちょっぴりセクシー度アップの肩出しバージョンも楽しめるようですね~。

Wonder2004wskuldlabsukuld4

Wonder2004wskuldlabsukuld5

Wonder2004wskuldlabsukuld6

こちらは「スクルドVIII 水着Ver.」ですね。
スケールは1/6かな。
ツインテールでピチピチ水着たまりません(^^;。

Wonder2004wskuldlabsukuld8

Wonder2004wskuldlabsukuld3 Wonder2004wskuldlabsukuld7

フジのISO400ネガフィルムにて撮影。
各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『SHINZEN造形研究所』さん「階段のスクルド」

更新ご無沙汰していました。予定よりも休止期間が伸びてしまいました。
その間疲れ切って特に何もしなかったのですが、クイズマジックアカデミーに大ハマリしてました。がっつりアーケードゲームをプレイするのも何年ぶりだろうかという感じですが。
e-AMUSEMENT PASSという記録カードを作ってキャラを育てています。
最初は楽勝な感じでネットワークを利用した全国トーナメントの成績も悪くなかったと思うのですが、クラスが上がってくると全然勝てませんですよ。誰しもそうでしょうが予選の途中で苦手なジャンルが出ると苦しいです。私の場合は特に芸能とかスポーツ関連が全然ダメ。特に最近のお笑いなんか全然知らんし(^^;。
次プレイする時は上級魔術師への昇級試験です。"るりるり"というキャラネームのアロエを見かけたら虐めないで下さい(笑)



さてさて今回はワンフェス2004冬より『SHINZEN造形研究所』さんです。
ああっ女神さまっ』より「階段のスクルド」です。
原作コミック24巻の表紙がモチーフになっているようです。
イラストの方はややアンニュイ気味な表情でしたが、こちらはまさに微笑な感じの良い表情ですねぇ。
と、オマケ画像あらいぐまラスカルが初出だったようです。

Wonder2004wshinzenkaidansukurudo1

Wonder2004wshinzenkaidansukurudo2

フジのISO400ネガカラーにて撮影。
各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『メイド・マルチ』『アスカレースクィーンVer』『綾波レイ(転校生ver.)』『みい』

年末という事で一応人並みに掃除などをしているとワンフェス2004冬のネガが出てきました。
そういえば夏頃にスキャンしていたのですがどうやら途中で放り出してしまったようです。どんだけ放置しているのかと(^^;。
まあ、残り1本だけなので掃除しながらスキャナーを稼働させ読み込み完了しました。
そういえばこのブログで最初にレポートを開始したのはこの2004年冬のワンフェスでしたっけ。当初は同時プリントしたものをヘボ複合機でスキャンした画像を使っていました。
それから実際ほぼ4年とそれなりの時間は流れてしまいましたが、あらためて画像を見ると4年でも随分と昔のことのように思えます。
今年はガレージキット系のイベントが増えて個人的にはそれが興ざめに感じたり、頒布されるキットに多色成形作品や可動モデルが増えたように感じたり、スタチューはエロ化したものがますます増えたなぁという漠然とした印象を持ちましたが2008年はガレージキット・フィギュア的にはどのような年になるのでしょうか。
イベントで頒布されたものはあんまりPVCスタチューになってほしくなぃなぁという事を個人的には思いつつ今年度最後の更新を終えたいと思います(笑)
それでは皆様良いお年を。更新頻度は落ちるかもですが来年も続けますよ~。

さてさて今回は前振りにもあったワンフェス2004年冬よりいくつかのディーラーさんの作品を列挙してみます。

こちらは『Pilot』さんの『To Heart』より「メイド・マルチ」です。スケールは1/8
マルチさん、もともとメイドロボという設定ではありますが結構珍しいメイド服での立体化
シンプルで機能的なフォルムのメイド服。でもニーソックスは外せないポイントかな(笑
本編中では見られない自然な仕草と落ち着いた表情も良いですね。
これぞメイドロボ?(^^;

Wonder2004wryupilot_mademulti

Pilotさんといえばアスカでしょうということでこれは「レースクィーンVer」です。
スケールは1/6とやや大きめながら傘まで手抜かりなくキット化されていますね。

Wonder2004wpilot_quinasuka1

こちらは『リューノス』の竜人さん原型の定番キット「綾波レイ(転校生ver.)」
スケールは1/8です。

Wonder2004wryuns_tenkourei1

こちらは『バサロキック』さんの『ぽぽたん』より「みい」です。
かなり大きいサイズのキットで全高30cmを超えていたような記憶があります。
色々な意味で危険なお姿ですが天真爛漫さが良く表現できているような・・・気がします。モザイク付けないで大丈夫だろうか(^^;

Wonder2004wbasaro_mi1

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

「アクセスしてねのレイ」「綾波レイ2 -包帯少女-」

そう言えばバンダイ『1/20 スコープドッグ』を買ってパチ組しました。定価4,000円がヨドバシ価格で2,940円+ポイント11%は安いよなぁ。価格が全てと考えるならば小売店は対抗できない廉売ですな。
そして夕方に3人集まり各々題材自由でバチ組大会、オマエらオッサンは小学生かよって言う気もしますが、今時の小学生は集まってプラモ組まないか(笑
朦朧とする意識の中ゆっくり組んだら10時間以上かかってしまった(^^;。そう言えばマスターグレードって初めて買ったなぁ。
キットの表面は所々が梨地処理されて質感を高め全体的につや消しのイメージで無塗装でも見栄えがすると言うか、可動を考えたら塗装は難しそうですね。まあ、塗装は無し、以上終了!ではありますが満足です。
そしてヘビーマシンガン構えさせ飾ってあります~。

さて、いつものように脈絡はありませんが、今回はWF2004冬の写真からです。
珍しくストロボ無しで撮った写真があったなぁと。外光が入る場所で撮ったようです。ISO400のネガでもあまり手プレていないので結構明るかったかと。
会場全体がこの位明るければノンストロボで撮っても良いのですが、現状はストロボ頼みですな。ストロボ使用が良いとは思いませんが、ストロボ無しが良いとも思えないので楽な方を選ぶという理屈(^^;。

まずはガイナックスで取り扱っていた新世紀エヴァンゲリオン関係のガレージキットです。
BUBBAさん原型の綾波レイ、通称「アクセスしてねのレイ」と言いますか「エヴァと愉快な仲間たち」という脱衣麻雀ゲームが元ネタとなっているようです。
スケールは1/7のようです。

Wonder2004wbubba_rei1

こちらは竜人さん原型の「綾波レイ2 -包帯少女-」スケールは1/6です。
こちらはゲーム中に登場したうたたねひろゆき氏のイラストがモチーフとなっているようです。
扇情的なポーズと姿の中にも端正さを感じる造形は流石ですねぇ。

Wonder2004wryujin_rei1

何だか分からないけれどでじこ?
07.08.01追記
web拍手とコメントでの情報提供有り難うございました~♪

ブロッコリー×クレイズ×ホビージャパンのコラボ企画のガレージキットだったそうです。
デ・ジ・キャラット』より主人公の「デ・ジ・キャラット」
スケールは1/6原型はブロッコリーの指名により宮川武さんが担当されたそうです。

Wonder2004wdeziko1

何だか分からないその2(^^;。ガラスケースにリングストロボの前端が写り込んでる(笑
07,07,22追記:コメントとweb拍手での情報提供有り難うございました。
このキャラクターはホビージャパン発のカードゲーム誌「ぎゃざ」で展開されていた「ガール・ザ・ギャザリング」より「朝霧ことり」だそうです。1/8スケールキット
ホビージャパン名義で発売されていた模様。

Wonder2004wnanikore1

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (6)

「橘天音&桜塚恋」「シンシア・レーン」「まりんちゃん」

世界最速公開されたダイハード4.0を見てきました。回を追うごとに話のスケールが大きくなっていきましたが、ついに全米を巻き込んだ話になりましたね。
思っていたよりは面白かったと思いますが、1の面白さを再確認する結果に、どうにも最近の映画って人物の描き方が淡泊ですなぁ。例えばパニック映画の古典とも言えるポセイドンアドベンチャーのリメイクを見て薄っぺらな内容に驚いたのも記憶に新しいです。
そして今更でもないのですがCGで計算され尽くしたアクションは嫌みにしか感じないオイラは結局オールドタイプかもね(^^;。

さてさて今回もワンフェス2004冬、ネガフィルムに収めた写真です。取りこぼしていたものを公開。

こちらは『AGGRESSIVE』さんのスペースに展示されていた作品です。原型は高山大治さんかな?
カクテルソフトのPCゲーム『Canvas ~セピア色のモチーフ~』のヒロイン「橘天音&桜塚恋」です。版権イラストをモチーフに造形されたようです。

Aggressive_canvaskimizuka1

OVERMANキングゲイナー』より『BUBBA』さん原型の1/6スケール「シンシア・レーン」
腹筋からひんぬーの表現が素晴らしい(^^;。

Bubba_shinshia

乳丸出し画像ですみません(^^;。野々村秀樹氏のコミック『それいけまりんちゃん』より「まりんちゃん」虎の穴の10周年記念として完成品として販売されたようです。
匠工房』さんが原型を担当されたとか。

Marinchiyan1

Marinchiyan2

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (0)

『ひよこ研究室』さん「アルテミス」「カイ」

ワンフェス2004のネガを全部というか見つかった分だけスキャン完了したので今日はそんな感じで。
しかし昔のネガの露出はほぼ合って問題無く撮れているのに、この頃のネガを見ると全体的にボロボロの仕上がり。97年とか昔の方が綺麗に撮れてる(^^;。
と言うのはネガプリントの場合は±2段分位露出が狂っていてもプリントの段階では全く問題無く仕上がってくるので元々の露出ミスに気付きづらいんですよね。
ネガは上手くやれば3段分リカバリー出来るかも。
一昨年辺りに気付いてストロボをオーパホールに出したのですがあまり改善されていないっぽい。
この撮り方もそろそろ潮時ですかね。、、、って言うかリングストロボの新型出してPENTAXさん。もはやリングストロボ自体もカタログ落ちしてるしなぁ(涙

さてさて今回は『ひよこ研究室』さんです。
ナムコのアーケードゲーム『フェリオス』より1/6スケール「アルテミス」です。
元ネタはギリシャ神話を下敷きにた縦スクロールのシューティングゲーム。
自機はペガサスに乗ったアポロンでして、面が進むと魔神デュポンにアルテミスが虐められるシーンが見られるという素敵仕様でしたっけ(^^;。
メガドラの移植に落胆したのも遠い日の良い思い出です(笑
これはそんな前半で鎖に繋がれ囚われたアルテミスの姿をモチーフにした素晴らしい作品です。

Hiyokolab_arutemisu1

Hiyokolab_arutemisu2

こちらは同じくナムコのアーケードゲーム『ザ・リターンオブ・イシター』(イシターの復活)より1/6スケール「カイ」です。
ゲームの登場が86年頃、前作ドルアーガの塔は84年頃ですから古いキャラですが、イメージがアレンジされて魅力的に仕上がっていますねぇ。

Hiyokolab_kai1

例によって各画像は高解像度版にリンクしています。記事に戻る場合はブラウザーの「戻る」で元のページにお戻り下さいませ。

| | コメント (2)

フルメタル・パニック!より「テッサ レースクイーン」

wander2004/queentessa3

こちらのテッサたんはドラゴンマガジンのイラストにあったレースクイーン姿を立体化したものらしいです。
アトリエ彩さんの作品です。

ところでお知らせですが「瓦礫な部屋の」過去の記事をイベント別にカテゴリー分けしてみました。
これからは適宜変更などしていきたいと思います。
ついでに「ワンダーフェスティバル2004冬」のフォトアルバムも追加しました。今まで紹介しきれていない写真を一気にアルバムにして上げました。これでも全体の数分の一ですがこの写真でワンフェス2004冬の写真はひとまず終わりです。以降はひたすら過去作品を取り上げます(^^;

てな事でこんな変な日記ペースのページにおつきあいしている方がおりましたら(いるのか?)今後ともよろしくです~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フルメタル・パニックより「テッサ 陣代高校制服」

seifukutessa.jpg

アトリエ彩さんの作品です。
フルメタル・パニックの天才美少女艦長(こうやって書くとちょっと恥ずかしい(^^;)テレサ・テスタロッサたんです。
アニメ第2シリーズのふもっふでもおなじみの陣代高校制服姿の立体化です。
○んつが見えているのはご愛敬。いや撮り方も悪いのか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガッチャマンより 白鳥のジュン

merusa_june.jpg

サクッとワンフェス2004冬の写真に戻ります。前後しちゃってすみません(^^;。
以前も「MERSAさん」のヤッターマンを紹介したのですがこっちも掲載しないと片手落ちかなと思いまして。
懐かしのアニメ、「科学忍者隊ガッチャマン」白鳥のジュン、コードネームはG3号。
アニメ本編以上に凛々しい造形で良いすね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧